小倉高等学校  明陵同窓会  第12期  ワンツー会

 体力維持系報告






 校舎正面
 

トップページに戻る
 六根会9月例会報告        
 
                                                            当番幹事 船津紘一(熊本)

 今回は去年4月最大震度7の激震を2度受けた熊本城を中心に、

 被災後の現状と復興への踏み出し状況を見学しました。
 
  9月21日(木)新幹線9時46分着で小倉から木下、神谷、津田、西脇、中村、石川、仲、諸冨の
 諸姉兄を迎え、計9名での例会となった。

  熊本駅前から市電に乗り約15分で熊本城「城彩苑」に到着。
 「くまもとよかとこ案内人の会」角田さんの名案内により、熊本城の城壁巡り90分がスタート。
 加藤清正公が約400年前に7年の歳月をかけ築城した熊本城は、
 2度の激震で石垣は全体の約1割が崩落し全再建、約3割が一部修復する必要があると考えられています。
 また国指定重要文化財建造物13棟、他の再建復元建造物20棟が被災、
 これらの全てを復旧するには現時点で推定約20年、650億円の費用がかかるとのことです。

熊本城案内人

熊本城崩壊石垣,全てにNO.が記載されている

天守閣改修
(大天守、小天守)

戌亥櫓

  城内には、現在の熊本城を一目見ようと県外及び外国人の多くが訪れ、その被災の大きさに驚き、
 心を痛めながら優しく見守り、復興を願う声がたくさん聞かれました。

小泉八雲邸


  加藤神社に参拝後、「城彩苑」の食事処で伝統料理の昼食をとり、
 賑わいを取り戻した市内を散策しながら 旧小泉八雲邸を訪問、水前寺公園に向う。
 公園内の「古今伝授之間」で茶菓を楽しみ、
 震災後枯渇したがすっかり湧水の戻った優美な庭園池周囲を散策。

水前寺公園古今伝授之間

 最後に熊本市役所14階に設けられている展望所から熊本城を一望、改めて地震の生々しい爪痕を痛感し、解散しました。
 現在、天守閣(大天守、小天守)の本格的復旧の突貫工事中ですが、20年後の最終復旧を期待し、工事を見守りたいと思います。
                                                                  以上
 関東明陵同窓会ゴルフコンペ     
 
                                                                  案野剛輔
  第35回を迎えた掲記コンペは27日、いつもの金乃台CCで開催された。
 当日は、東西の低気圧に挟まれて夕刻には大雨との予報であったが、プレーは薄日のさす絶好の日和で進行した。
 
  今回は割合年齢の近い者同士を組み合わせていたので、12期の3人は同組で回った。
 18ホールを回るうちには、様々なドラマが生まれ、歓喜、悲嘆、突然変異など数えるとキリがない。
 
  何はともあれ、全員無事にホールアウトでき、結果はスコア表の如きであった。
 敢て年齢を付け加えたのは、老若の差が21歳あると示すため。
 最年長の新井さんは午前中はエージシュートのペースであった。
 喜寿を迎える12期の中では、豊島君が2位に食い込み、室園君と案野は同一ネットで中盤に付けた。
 豊島君はグロス3位、室園君は大波賞もどき、案野は100切れが見える展開、と解説できる?


    (中谷幹事撮影)
 お彼岸の小倉ワンツー会コンペ   

                                                                    松本 静
  暑かった夏も終わり、ゴルフ日和の下、何時もの通り、小倉CCの紳士淑女の会に便乗して12会コンペを開催しました。
 今回は12会のメンバーは、僅か5人でした。

  
芝の生育が良く、ラフは深く、グリーンは遅く、スコアメイクに苦労しました。
 
牧君は例外で、ノータッチの厳しいルールの下、81の好スコアで回り、津田君は、念願の100を切り、
 パットが良かったと喜んでました。
 残念ながら今回は、WPのHDに恵まれず、誰も賞を獲得する事が出来ませんでした。
 スコア表、12会メンバーと、先輩の加藤さんが加わった写真を添付します。
                                                        では又
 六根会7月例会報告             

                                                                     津田 正彦
  7月27日、酷暑の中、菅生の滝を散策しました。
 数十年振りの滝は子供たちが水浴びを楽しんでおりましたが、売店は廃墟となり昔の賑いはありませんでした。
 
  しかし、冷水に足を浸しながら滝の音の中での食事はなかなか乙なものでした。
 帰路鱒淵ダムをまわって、最近オープンしたTOTOミュージアムを見学、解散しました。

  諸氏、夏祭りの準備、孫のお守り、等々で参加者少なく、参加は 中村、小林、神谷、津田 の4名でした。

滝の由来案内

滝傍の社寺

鱒淵ダムにて
                                                (写真撮影 中村プロ)         以上
 平塚富士見CCでゴルフ研修会     

                                                                  豊島雅弥

  7月26日は太平洋沖合いに台風5号が居座り、前線がやや南下して関東南部は一時雨も降って朝から曇り、
 涼しさも感じられた絶好のゴルフ日和でした。

 東京ワンツー会の有志4人が平塚富士見CCに集い、コースを回り研修しました。

  小倉ワンツー会で先日9名が猛暑の中、集まった賑やかさ、元気さは有りませんが
 東京地区では精一杯の4人によるプレイでした。
 BGが93(白鹿君、前田君)とやや
集中出来なかったスコアでしたが
 各位それぞれの特長(前田君のバンカーショットなど)を

 発揮し何とか無事ホールアウト出来ました。
 案野君が各ショットでフィニッシュまで振り抜けるようになった事又素振りを2回と抑えてプレイし、
 ショットが力強く安定して来たなど成長しつつある面も特記です。


 ホールアウト後、風呂ですっきりした後グリーン回りのオリンピックの成果等で
 小豆氷など
を頬張って反省会を行ないました。
                                                                    写真:案野
 前田君の誕生月特典のお陰でコスト安く、元気に、楽しく一日過ごせた事に感謝です。
 小倉の元気に負けないよう今後も体調に気を付けて研修出来るよう頑張りましょう。                 草々

 猛暑のワンツー会ゴルフコンペ    
 
                                                                 松本 静

  7月度の12会ゴルフコンペは、25日(火)いつもの如く小倉CC紳士淑女の会WPに便乗して実施しました。
 
今回は、プレー後に牧君のエージシュート達成祝賀会を開催すると言う事で、
 遠くは熊本の北村君、暑さ苦手の白石君、堀淵君
も参加して戴き、総勢9人でした。

  この日は気温35℃、湿度高く、風も無く、天候としては最悪の下、堀淵君が後半リタイア、
 小生も
何度かギブアップを考えましたが、何とか18Hを回る事が出来ました。
 
我慢した甲斐があって、12会メンバーは優勝した北村君を筆頭に、5人が賞を獲得する快挙でした。

 
 北村君のグロススコアは90で、本人としては不本意でしたが、1H,10Hで叩いた8が両方ともHDホールとなり、
 高ハンディを得て優勝を獲得する事が出来ました。
 ダブルぺリアは、何が起こるか解らないので楽しい!!

  表彰式の後、12会メンバーが残って、藤永、中村、松本が発起人となり、ささやかではありましたが花束を贈呈し、
 
牧君の偉業達成に祝意を表しました。
 
牧君から、返礼の挨拶として、ゴルフに対する気構え、苦手のパットを克服した一日100回の練習、
 
転がし・ロブショットの2種類のアプローチの会得等の苦労談が披露されました。
 
  小生から達成当日(6/26, 於 瀬板の森北九州GC)のスコアや牧君のこれまでの実績等の詳細を紹介し、
 
又、北村君より72歳の時72のパープレイでエイジシュートを達成した経験、牧君も北村君もほぼ同じ回数を消化し、
 
アベレージも84位であること、そして中村君がホールインワンの経験がある等、
 ゴルフ談議で盛り上がり楽しいひと時を過ごしました。
                                                                    では又
 夏の終わり            
 
                                                                  岩松 斉
 
  夏の甲子園、2試合目はライバル真颯(しんそう)館高校。昨年、我々を打ち破ったライバル校で、
 小倉高校の1.5km お隣の今や強豪校と評されるシード校です。
 観戦記を書こうと参加校の選手名鑑みたいな小冊を買って、スコアカードをネットから印刷したり・・・、
 意欲を持って臨みましたが、2試合目で無駄になりました。
 試合経過を振り返る気にもなりませんので、今年感じたことを書きます。

  pm2時に球場に着き、とても暑いのでネット裏に座った。すると「安田が来ているよ」の声が聞こえた。
 体調不良で、監督を辞退した安田氏が、ボクの前を通ってネット裏中央に座った。体調を気遣う仲間が同伴していました。

  試合は2年の河浦の先発で始まり、早々に失点を重ね、3回で0:3となった。居ても立っても居られなくなり、場所を、
 3塁側応援団の後ろに移り応援した。
 5回と6回に得点をし反撃体制ができ、これはいけると思った矢先、8回に2点追加された。
 その後、休ませて居た中野を代打に出すと長打を出したり、反撃を示したが最後に相手レフトの超ファインプレーで終わった。

  今年に入って、初めて、ブラスバンドの応援を見た。倉校HPで調べると素晴らしい実績のあるクラブです。
 ハーモニーのある音色が素晴らしかった。
 古い単細胞の私はなぜ吹奏楽部が応援に来ないのかと思って居たが、誤解してました、吹奏楽部は想像以上に
 切磋琢磨されて居たということですね。野球部もせめて県大会の常連になってほしいですね。
 そして、相乗効果を発揮してほしいですね。

  倉校野球に対する応援は立派ですね。球場での応援人数で負けたことはありません。
 今年は入学者が女性上位になったとか、応援団員も女性の団員は随分増え互角でした。
 OBの応援は群を抜いて居ますね。野球部に対する愛情いっぱいの人たちで溢れて居ます。
 応援席から見ているとよくわかります、真剣に手を叩き声を張り上げます。中にはスコアカードをつけておられる方も、
 見受けられます。
 本当にレベルの高い応援者が多いですね。吹奏楽団も女性の方がはるかに人数が多かったです。
 何か女性が倉校を変えてくれる予感もします。
 女性応援団員が何か容器を持って回っています、男性応援団員の手の甲に容器の白い粉を振りかけます、
 男子団員がそれを舐める。なんという、美しい、羨ましい!我々青春時代には無かった光景です。
 早々と私の夏観戦は終わりました。しかし倉校若人は成長しています!応援を続けましょう!
 
 2017 1.2.3.4. 5.6.    2016 1.2.3.4. 5.6.7.8.9. 10.~12.  
2015 1.2.3.4. 5.6.7.8.9. 10.11.12.  2014 1.2.3.4.5. 6.7.8. 9.10. 11.12.
 2013 1.2..3.4. 5.6.7.  8.9.10.  11.12    2012 4.5.   6.7.8. 9.10. 11.12.
         2011 12. 2012 1.2.3.     2011 1.2.3.4.5  6.7.8. 9.10. 11.

  **このページ【 体力維持系 】の先頭へもどる。