小倉高等学校  明陵同窓会  第12期  ワンツー会

 体力維持系報告






 校舎正面
 

トップページに戻る
 第12回明陵同窓会チャリティーゴルフ大会(鎌田杯)の報告         
 
                                                               案野剛輔
  前日までの好天で、当日雨の予報が信じられなかったが、予報は当たり朝から雨模様。午後には雨風共に強くなるとか。
 それはともかく、高校9期から46期まで幅広い年齢層で71名の同窓生が集まった。(実スタートは54名)
 その中で、ワンツー会は10名で最大派閥。

  意を決して雨具を装備してスタート。報告者は門司ゴルフは初めてであったが、狭い砲台グリーンがバンカーに
 ガードされていて、強い圧迫感を覚えた。さらに、池が眼前に広がり、ボールの着地点は傾斜していて視覚的にも
 難コースに見えた。事実、報告者はもちろん、かなりの腕に自信のある同輩も次々にトラップに捕まり、苦戦をしていた。
 雨のためか昼食無しのスループレイで2時過ぎには疲れ果ててホールアウト。

  入浴後、表彰式。細かくは成績表を見ればわかりますが、ワンツー会は極めて低調でした。
 良いスコアではハンディに恵まれず、悪いスコアではハンディ が間に合わず、ネット勝負では大きく後れを取った。
 とはいえ大会幹事の努力で賞品が沢山集まっていて、様々な順位までなにがしの賞品がもらえて、
 ワンツー会の中でも多くの賞品を手にした。
  3時過ぎにゴルフ場を出ることが出来て、夕方の打ち上げ会までしばしの休憩を取ることが出来た。
 6時に鳥町飲食街の「山久」にて打ち上げ会。津田君は疲労で欠席、代わりに岸川君が参加。
 鳥の料理を中心に飲食は進み、焼酎2種類、ビールなどアルコールも大いに進んだ。
 ゴルフの反省は早々と切り上げ、何時までこの集まりが続けられるか、各々の健康の話や、亡くなった同輩の話に
 移っていった。

松本 中村
吉村      
白石 案野

    藤永

豊島  岸川

松尾  北村
  8時過ぎにお開きとなり、そぞろ歩きで鍛冶町まで移動。スナック「ミンシィス」に入り2次会。
 とにかくカラオケが先と大いに歌った。中でも吉村君が歌った「この街でが印象に残った。その他吾亦紅
 写真はない。  
 案野君歓迎・ワンツー会コンペ            
 
                                                                松本 静

  素晴らしい天気の下、令和初の案野君歓迎ワンツー会ゴルフコンペを開催しました。
 これは鎌田杯の練習ラウンドを兼ねておりましたが、鎌田杯に参加するメンバーのスコアはもう一つで、
 練習になったかどうか疑問ですが、皆大いにプレーと歓談を楽しみました。

  優勝は牧君で43+42=85で実力を発揮し、WPのハンディにも憑いてダントツの優勝でした。
 しかし優勝賞金は大した額ではなく、お茶代負担に足りたかな?
 2位;松本、BB;津田君は案野君提供のお菓子で、これが一番価値があり、ラッキーでした。
 懇親会では、東京ワンツー会、小倉ワンツー会等の話題で盛り上がり、楽しい歓談のひと時でした。
 
                                                        では又  
 六根会4月例会報告             

 下関市火の山公園散策                                  岩松 斉

  平成最後の例会担当となり、「火の山公園散策」を計画した。
 6年前は歩いて登ったが、今回はロープウェイを利用した。
 
月27日門司港駅に10時半集合。小林、津田、中村、神谷、仲、諸冨、岩松の7名が集まった。

  小生、2011年より六根会の参加であった。あの頃は、皆元気で、熊野古道に遠征したり、
 近郊の山々にも、ずいぶん登った。
 
流石に会員の方々の健康は素晴らしいと感心していた。しかし、老いは公平にやってくる。
 今年の年初の会合で、
代表幹事の木下君から、会の精神である「鍛錬」を横に置こう、ということになった。
 皆さん、鍛錬より、
物見遊山の方が喜ばれるように変化してきたように感じられる。

  リニューアルなった門司港駅から和布刈公園を通り、関門海底トンネルを抜け、
 下関市みもすそ川公園へ、
ロープウェイで火の山に上がった。
 関門海峡を挟んだ門司市と下関市の山々には古来戦いのための砦や城郭が
構えられている。
 自分はたまたま、遠くの沖ノ島を観察するために海峡を囲んだ山々に登って、お城や、
防塁が
 多数あることを知った。
 火の山はその面で、西方からの脅威を京都まで知らせる、狼煙(のろし)を上げる場所であったらしい。
 
近年では明治時代に下関要塞として下関市、門司、小倉の山々には砲台、保塁が
 20数箇所造られ、残っている。
 
その中心的火の山に戦艦大和の主砲弾(46cm径、195cm長)が飾られてあったので、
 それを見せたくて案内した。

  帰りは唐戸市場を通り、海峡連絡船で門司港に渡り、解散することにした。
 連絡船乗り場近くの岸壁に自衛隊の
イージス艦が接岸していた。
 Nカメラマンが撮影に走ったので数分不明となったが、同じ連絡船に乗船できた。
 門司港につき、男性陣はビール、女性陣と小生は、スタバのコーヒーで解散した。

リニューアル門司港駅

和布刈公園集合写真

戦艦大和の主砲弾

関門海峡

イージス艦

 前田君歓迎・ワンツー会コンペ     

                                                                松本 静
  前田君を迎えて、歓迎ワンツー会コンペを開催しました。
 春の上天気の下、ワンツー会メンバー9人が集まって、大いにゴルフを楽しみました。
 楽しみ過ぎてスコアも増え皆さんの成績は低調、BGは牧君の89、WPの優勝は松本の98でした。
 
  藤永君、小川君は手術後4ケ月以上の初ラウンドを筆頭に、皆さん何らかの体調不良を持ってのラウンドでしたが、
 無事18H回る事が出来たのは素晴らしい事です。

  年と共にゴルフを卒業したワンツー会メンバーも増えましたが、これからも健康維持のためゴルフに精を出しましょう。
 スナップ写真とスコアを添付します。
                                                              では又 
 六根会3月例会報告           
 
                                                         当番   小林繁人

  六根会は今年の新年会(かき小屋「ハチガメ」)で木下年度統括幹事の下で今後の方針について話し合い、
 会員の高齢化に伴い激寒(12月~2月)、酷暑(8月)の時季を休会とし、月当番を決定しました。
 そのため、今回の3月例会が本年初の例会となります。

改装なった
門司港駅

  3月29日(金)桜の開花を待って門司の白野江植物公園の花見散策を行ないました。
 常連の神谷、中村、石川、仲、諸冨、小林の6名が改装なった門司港駅に集合、
 天気は絶好の花曇り。
 門司港レトロの象徴「門司港駅」を後に、新門司の白野江植物公園まで6kmを
 2時間かけて無理なく完歩。
 折からの桜は、ほぼ満開、色とりどりの他の草花も咲き誇り、目にまぶしく、見物客を迎える。


赤い桜「陽光」
 三々五々園内の散策を楽しみ、帰途は門司港駅までバスを利用、駅前で花の余韻を残し解散しました。

 関東明陵同窓会ゴルフコンペ 春の陣                                     2019.03.27     
 
                                                                案野剛輔

  東京では桜が満開とのことであったが、コンペ会場の金乃台CCでは、まだ桜は開花していなかった。
 好天に恵まれ暖かい日差しの下でプレーは進行した。ただし、難点を言えば、強風と繰り下げスタートであった。
 参加者は18名で、高校8期から29期までの幅広い年齢層が集まった。
 12期は相変わらず3名であったが、最大派閥は19期で6名でした。
 今回の組み合わせは年齢別の感じで、したがって同期が一緒に回った。

全員集合
(幹事撮影を転載)

ワンツー3人
  結果は奇しくも3名が連続で並ぶこととなった。
              OUT   IN   GR   HD     Net
 7位 室 園      47   48   95 19.2   75.8
 8位 豊 島      47   49   96 19.2   76.8
 9位 案 野      53   51  104 26.4   77.6
 
 成績について2人は過去に比べてご不満の様子であったが、
 筆者は過去より進歩を感じるとともに、改善すべき点も明確になった。
   2018 1.~6. 7.8.9. 10.11.12
  2017 1~4.5.6.7.8.9.10. 11.12.  2016 1~4. 5.6.7.8.9. 10.~12.  
 2015 1~4. 5.6.7.8.9. 10.11.12.   2014 1~8. 9.10. 11.12.
 2013 1~4. 5.6.7.  8.9.10.  11.12    2012 4.5.   6.7.8. 9.10. 11.12.
 2011 12.   2012 1.2.3  2011 1~5  6.7.8. 9.10. 11.
 
**このページ【 体力維持系 】の先頭へもどる。