小倉高等学校  明陵同窓会  第12期  ワンツー会

 体力維持系報告








 平尾台
 

トップページに戻る
 「鎌田杯」(明陵同窓会チャリティーゴルフ大会)の報告    
 
                                                                  藤永勝彦

  恒例の「鎌田杯」(明陵同窓会チャリティーゴルフ大会)は北九州市門司区にある開場80年以上の
 名門「門司ゴルフ倶楽部」で第10回記念大会として好天のもと開催されました。

  参加者は、高9期の先輩7名、高11期5名をはじめ、高12期生は8名と参加期としては最多数となり
 総勢66名が参加、競技方法はダブルペリア方式で行われました。

  12期は昨年第9回大会(小倉カンツリー倶楽部)で、2回目の優勝をしており、今年は喜寿の祝もあり
 連覇を期して東京から豊島雅弥君、関西から吉村邦彦君、松尾弘一君が遠路より参加いただきました。

  組み合わせは1軍(優秀貢献予定者)に豊島雅弥、吉村邦彦、白石 稔、松本 静
           2軍(予備軍)      に松尾弘一、津田正彦、中村勝年、藤永勝彦   でスタートしました。
 しかし、門司ゴルフ倶楽部の高麗グリーン、バンカーに苦戦し、本来優勝候補の1軍が予想外の成績となり
 団体戦では優勝は高25期(上位3人のネット221.8)、2位高13期(223.0)、3位高12期(223.2)と
 惜しくも1.4打差で優勝を逃しました。
  辛くも個人戦で、藤永が隠しホールに恵まれネット73.0で3位入賞をしました。

津田 中村 吉村 松尾
藤永  
岸川 豊島 松本
   

 夕方、小倉北区魚町の「武蔵」(小料理屋)で、残念会、ご苦労さん会の宴を
 昨年の優勝賞金を使って楽しく催しました。白石君所用で不参加、代わりに
 岸川君飛び入り参加。
 来年は、多くのワンツー会メンバーの参加を得て、
 3回目の優勝を誓い散会しました。
                                 ( 写真: 松本 静 )
 茂木―七井トレッキング         
 
                                       東京ワンツー会 海江田圭右

 

  今回のトレッキングは、関東ふれあいの道・栃木県No.20「風薫る山里のみち」として案内されているコースを、
 説明とは逆方向に茂木から益子町七井へ向けて歩くコースである。
 コースのほゞ真ん中に座する富士山の美しい形をした「芳賀富士」(272m)を登るのが目玉である。

  友人の車で東海文化センターを出発し、国道123号いわゆる水戸―宇都宮街道に入り、
 出発点の道の駅もてぎに向かった。
 通る道すがら、周囲の山は、見事に若草色をしたもこもことする山肌が、雲一つない青空に映えて、
 本日のトレッキングが、どれほど素晴らしいものになるかを予告しているようであった。


道の駅「もてぎ


  車は、出発点である道の駅もてぎに到着した。
 田園風景の中に突如として現れたモダーンな道の駅にびっくりした。
 既に大きな駐車場に沢山の車が集まっていた。(写真 ⇒ )

 道の駅もてぎを出て、国道123を横切り、逆川の川べりの道に進むと、
 ここに「関東ふれあいの道」の案内板があった。
 この場所が、起点である。舗装された道を川を見ながら進むとやがて、県道206号に出る。
 車が頻繁に通るので路肩によって歩く。


 田圃が開けたところから芳賀富士が見える 

  やがて、逆川に架かる桧木橋を渡り、農道に出たところを西に向かって進む。
 道路の両側に昔からの大きな農家の家が三々五々に散在していた。
 ある家の垣根に3ⅿほどの高さの大きなドウダンツツジが満開であった。
 さらに進むと開けた水田に出た。ここは見通しが良いので、写真撮影ポイントになっていた。
 今から登る芳賀富士が遠くに見える。( ← 写真 )
 水田の向こうの低い里山の麓に大きな農家の一軒家とその庭に、吹き流しと夫婦の鯉と二匹の
 子供の鯉幟が、五月の薫風に勢いよく泳いでいるのは、昔の原風景を見ているようで、
 心が平和になった。水田の反対側は、里山が迫っており、
 その側面の道路端の日陰の土手には二輪草の群生が見られた。

                    ---- 続きを読む ----

 皐月のゴルフ研修会         
 
                                                                   案野剛輔
  新緑の5月に入った初日、今年初めてのゴルフ研修会を鎌倉カントリーで開催した。
 朝の内は降り注ぐ太陽で暑いくらいであったが、昼過ぎから予報通りの雷雨に見舞われた。
 約1時間の待避を経て、プレーを再開したが、避難直前のボール位置からボールが消えていて大変不愉快。
 
 ホスト役の白鹿君は途中で持病の腰痛が悪化、1ホールだけ棄権したが、最後まで集中力を切らさなかった。
 驚異の飛距離を誇る豊島君は今回もその評判を維持し、なおかつパットも冴えてオリンピック勝者になった。
 昨年からゴルフ復帰した前田君は着実なプレーで本日のベスグロを達成、ただし表彰なしでした。
 技術向上を目指す案野は前半で一点豪華なプレーは見せたものの、最後までは集中力が持続出来ず百獣の王。

 何はともあれ、後期高齢にしては元気に無事に最後まで回って来られてお互いに感謝し、打ち上げへと移動した。
 5時過ぎから場所を本郷台に移し、

 新たに出田君も合流して大反省会を開いた。
 ゴルフはもちろん、多岐にわたる話題は尽きず、
 気が付けば3時間を優に超えていた。
 慌てて精算の後、解散。無事に自宅に帰れたでしょうか。

 晩春のワンツー会コンペ報告         

                                                                  松本 静
  4月25日、晴れ、微風、そして少し暑くなって半袖でも良い絶好のゴルフ日和の下、
 5月度の12会コンペを小倉CCの紳士淑女の会WPに便乗して実施しました。
 ルールは小倉CCのローカルルール;ノータッチ、フロントティ使用でした。

  結果は添付の成績表の通りで、残念ながら入賞は小川君の6位だけでした。
  特記事項
   小川君;今年2回目、毎日歩く事で体調も回復、今回は足がつる事も無く快調のゴルフだった。
        今後は回数を増やしていく。
   津田君;此の所ドライバー好調、念願の100切りにあと一息、6”リプレースOKであれば達成していたのに。
   吉里君;始めてフロントティーを使用したが、パーオンの回数が増え、気分良く回れた。
        今後はプライドを捨て、フロントティ使用する。
   藤永君;手を痛めているが、ドライバーの飛距離が戻ってきた。次回からは90切に挑戦。
   松  本;フロントティ使用すれば、90は切れる、後はパッティング、3パット4回は頂けない。
                                                                 では又
 
 六根会4月例会報告          
 
                                                                   西脇弘和

  昨日の5月の気候の温かさと、快晴に較べれば、今日(4月20日)の平尾台の山上は、曇天の3月の気候の肌寒さで、

 比較的汗をかかないウオーキングでした。
 
 2台の車に分乗し山上の駐車場に車を置き
参加8名〔仲・諸富・木下・岩松・中村・小林・津田・西脇〕で
 平尾台の大平山(584m)
をトレッキングしました。
 途中、山を登りながらの蕨採り、各人、かなりの量を採り、
春の山菜料理の一品が食卓に加わったことでしょう。

 その時の写真を送ります。
                    

 老人の欠陥だらけの挑戦             

                                                                     岩松 斉
  4月15日 第8回糸島三都110キロウォークに参加しました。

 この大会は、福岡市の西側の糸島半島を2周する110kmのコースで行われます。
 
  今回、私は4度目の挑戦です。妻と一緒の戦いでしたが、二人ともリタイヤで3連敗となりました。
 私は1勝3敗となりましたが、妻はまだ未勝利です。
 ちょっと加筆しますと、妻は行橋〜別府100キロは2勝1敗。
 負けた大会は全部私が足を引っ張ったもので、もう実力は私を超えており、申し訳無いと思ってる。
 
  敗因は自分にあります。92kmすぎで熱中症気味となり、95kmの登りでまっすぐ歩けず、
 同行の友人が自販機の冷水を、頭、首、胸、両わき、パンツの中までかけてくれました。

 あと3kmで最終チェックポイント制限時間があるので、同行の友人達は先を急ぐ。
 制限まで、あと1時間30分あるのでまだ大丈夫だろう。
  同行の3人が見えなくなった頃、ワンワン応援隊の伊藤さん(兵庫の人で、100キロワークに
 犬を連れて応援に来てくれる 有名人)のところに着く、
 1リットルの水とアイスノンで私を冷やしてくれた。
 彼は数々の長距離ウォークの大会の応援に駆けつける人で経験値が多い。
 彼の無理をしないほうが良いとの助言を聞き入れ、大会事務局へ救護車をお願いした。
 96kmで今年は終了。その時、犬のクウーちゃんに説得されている写真です。

     ----- 後日の伊藤さんとのやり取り -----

 六根会3月例会報告  
 
                                                 当番幹事 神谷信彦(代行 中村勝年)
  3月は年度末ということもあり、何かと気ぜわしい。
 当番幹事の神谷君が体調芳しからず、中村が代行、近場を歩くことにした。

 運よく好天に恵まれた3月30日(木)、小林、津田、神谷、岩松、西脇、石川、仲、諸冨、中村の常連9名がJR黒崎駅に集合、
 折から桜のシーズンでもあり、開花には若干早かったが、
 旧長崎街道沿いの現在は城山緑地公園として整備され桜の名所となっている「黒崎城址」を目指した。

  黒崎城は時の幕府の一国一城令により、僅か十数年で破却され、今は石垣の一部が残されているのみ。
 北に洞海湾、若戸大橋を眺み、南に皿倉山を仰ぐ小高い丘である。急坂もあるが黒崎駅から1時間弱で辿り着いた。

城山緑地展望台

緑地広場

皿倉山

若戸大橋
  1時間ほど昼食を摂りながら眺望を楽しみ、下山後、産業道路を4kmほど歩き、
 「スペースワールド」傍の2年前に世界遺産に登録された官営八幡製鐵所の関連施設二か所を見学した。
 一か所は「東田第一高炉跡」で1901年に創業した当時の荘重・壮大な高炉が保存されており、高炉内部も見学できた。

東田第一高炉

高炉内部(模型人形)

旧本事務所眺望スペース
  もう一か所は創業2年前の1899年に竣工した赤レンガ積の「旧本事務所」である。
 ここは現在の製鐵所構内に立地していることから内部は一般に公開されておらず、
 眺望スペースからボランティアガイドの説明を聞きながらの見学となった。

  神谷君も元気に完歩し15,000歩を記録、見学後近くのレストランでお茶をして解散した。            以上
 三毳山(みかもやま)トレッキング   
 

                                                東京ワンツー会 海江田圭右

 平成29年3月25日は、天候不順な天気が続く中、全く雲一つない快晴に恵まれたトレッキング日和となった。
 今回の目指す山は、栃木県佐野市の東にそびえる三毳山(みかも山、229m)である。
 この山の北側の中腹には、カタクリの群生地があり、毎年3月から4月には、薄紫色の可憐な花、
 約200万株が咲き誇り、訪れる人たちの目を楽しませている観光スポットとして有名である。
 この山全体は、市民のハイキングコースとして多くのコースが整備され、人気の山である。

  この三毳山は、関東百名山の一つで2番目に低い山である。
 名前の由来は、三毳山の「毳」は柔らかい毛のことで、なだらかな優しい姿の峰が三つ並んでいるからとも、
 麓の三つの村の入会の山であったことから「みかむら」が「みかも」に転じたとも言われている。


三毳山 慈覚大師の像


  友人の車で、常磐道、北関東道から東北道に入り、佐野藤岡ICで降りるとものの5分で、
 登山の開始地点となっている「とちぎ花センター」に着く。
 ここからは、山麓を左手に三毳山を見ながら北に向かって進む。
 途中、慈覚大師誕生の地で衣服調整をする。
 慈覚大師は、平安時代随一の学僧であり、日本天台宗興隆の一大貢献者である。
 797年にこの地で誕生した。ここには、産湯に使われた井戸が現存している。
 そばには、慈覚大師の像が建立されている。(写真 ⇒ )

             
----- 続きを読む ----

           ---- この記事にコメント ----
      2017.04.02                   西脇弘和

  海江田様

  三毳山登山の記事拝見しました。そこではもう水芭蕉が咲いているんですか?早いですね。
 尾瀬でも6月頃ではないでしょうか?

  私の庭のプランターの水芭蕉はやっと葉芽が大きくなってきたところです。
 私は山野草が好きなので、高山植物の各地のお便りが楽しみです。
 これからもよろしくお願いします。

 早春のワンツー会ゴルフコンペ          

                                                                松本 静 

  3月に入って春らしくなった中、3月14日、今年第一回目のワンツー会コンペを
 小倉CC主催紳士淑女の会に便乗して開催しました。
 全体としては34人、ワンツー会メンバーは常連の10人の参加でした。

  当日は晴天、午前中は少し風の冷たさを感じましたが、ゴルフ日和の下、皆大いにゴルフを楽しみました。
 特記事項としては、10人中5人が入賞して気を良くした事、今回から75歳以上の特別ルールを利用して、
 フロントティを使用可とした事。 各自の話題は
 常連の藤永君: 重い荷物を持ち上げる際、手を痛めドクターストップで不参加。
 小川君: 1月より体調崩し、やっと回復するも、体重が減ったままでスイングがままならず、100切れずとぼやき。
 中村君: バーディ、パーがハンディホールとなって、順位が低迷とぼやき。
 飛ばし屋の白石君: プライドが許さないとレギュラーティを使用するも、スコアは最低、
              しかし飛距離は問題無く芝生が無いので2打目以降が上手くいかなかった痩せ我慢。
 松本君: 3パット以上が8回と嘆き。
 今地君: 4月より3週間ハワイでゴルフ。
                                   等々、表彰式の後は、歓談のひと時でした。
 その折の写真を添付します。
                                                                 では又 
 六根会2月例会報告                
 
                                                                  当番 中村勝年

  2月25日(土)、木下、津田、神谷、岩松、石川、仲、諸冨、中村の8名が15:00にJR福間駅に集合、
 今回の目的である福津市の「新原・奴山(しんばる・ぬやま)古墳群」散策と
 商売繁盛・交通安全・家内安全の神様で「大しめ縄」でも有名な宮地嶽神社「光の道」観賞をスタートした。

  先ず、駅から地元タクシー会社が運営するコミュニティバスで20分ほどの丘陵地、国の指定史跡「新原・奴山古墳群」に向う。
 5~7世紀の古代豪族の墓が新原・奴山地区一帯に大小200以上残されており、世界遺産に推薦されている。
 歴史愛好家にとっては興味深い地域で古墳公園として整備が進められている。

新原奴山古墳群
  1時間ほど散策し、同じミニバスで後がえりし、宮地嶽神社に到着。
 この頃から空に雲が広がり夕陽が一旦厚い雲に隠れるも「光の道」有料階段席入場のため観光客が列を作っている。
 神社から玄界灘に一直線に伸びる参道が神秘的に観賞できるかどうか、
 松が枝餅を頬張りながら日没時刻18時09分まで寒さを凌いで待つ。

階段席入場に
並ぶ参拝客

有料階段席

参道一本道
  日没30分前に待ち望んでいた夕陽が雲間から顔を出しあちこちから歓声が上がり、
 シャッター音が響く。しかし5分程度の顔見せで、お天道様は沈んでしまった。
 このあっという間の数分間、「光の道」は混雑で見えずとも肉眼で夕陽を観賞した者はパワーをもらったに違いない。

顔を現す

参道上鳥居に架かる

日没直前

日没方向図 (岩松作
  神社の「光の道」を鑑賞できる日時は年2回、2月と10月の概ね20日を挟んで好天の1週間、
 午後6時前後の10分間である。この期間、神社の「夕陽のまつり」が1週間にわたり行なわれ、観光客で賑わう。

  当番幹事は天気予報と睨めっこしながら日程を決めねばならず、つらい1週間であった。
 当初2月20日に決めて会員各位に連絡したものの直前に予報が変り雨天、
 快晴予報の25日に変更したもののピンポイントの時刻は見れるかどうかヒヤヒヤものだった。

 日没後現地解散し、各自帰路についた。                                        以上
 四王寺の滝 (英彦山)                 
 
                                                                西脇弘和

  昨日(13日)、英彦山の四王寺の滝に行ってきました。英彦山は標高1200mの200名山の一つです。
 明治初めごろまで、山岳信仰のメッカとして全国に40万軒の檀家を有していましたが、明治政府の神道と仏教の2教に
 統一され、山伏の多数の宿坊もなくなり、山伏たちも下山してしまったそうです。 その宿坊跡も多数残っています。

  その英彦山の正面から右に廻るように登って裏側に近い山頂近くにあります。英彦山川の源流になっています。
 嘉麻市と添田町の境界に近いです。 朝7時に小倉南区の家を発ち、車で50分ぐらいで添田町に着きます。
 ところが、国道500号線の英彦山登山口まで4kmぐらいで道路の凍結がありチェーン巻以外通行禁止に出合い、
 仕方なく、そこで降車し、路肩の空き地に車を置いて、アイゼンを装着し歩いて登山口まで。
 登山口では、ケーブルカーが奉幣殿までできているので、あの石の急階段は登らなくて済みます。

ケーブルカー
耳納連山


  ケーブルカーで15分位で着き、途中運転手に聞いたところ、「今日は月曜日で登山者が少ないので、
 前の人の足跡をしっかり確認して歩いてください。外れると道に迷って危険なので気を
 付けてください」と言われ、冬山は初めての小生にとって、緊張が走りました。
  
  奉幣殿から階段を上ってすぐに、右に折れ登山口を。もう雪が溶けてなくて足跡も
 踏み固められただけの わかりにくい登山道でした。
 それらしき道を登って行き、下りたり登ったりしながら、だんだん険しくなっていきました。
 頂上に近づくほど大きな石を乗り越え、倒木を乗り越え、かなりの時間を要し、
 11時奉幣殿を出発して滝に着いたのが14時頃でした。そこで、遅い昼食。

  暫し凍った滝を眺め、写真に収めて下山、ケーブルカーの最終時間が17時10分と聞いていたので急ぐことにしました。
 途中、何度か転びましたが、谷に滑落することは無く、新聞種にならなくてよかったです。

英彦山・登山道

四王寺の滝

四王寺の滝

四王寺の滝
 14時頃はもう登ってくる人もなく下山してくる人もなく、一人旅の孤独感に襲われました。
 下山は早く2時間で奉幣殿まで下りてほっと一息。また4km凍った国道を歩いて車まで。
 家路に着いたのは17時半ごろでした。
    
 六根会 1月度例会報告 かき小屋          

                                                                    西脇弘和
  1月26日(11時)木下君の自宅近くのカキ小屋で六根会の皆と会食。
 その後は、木下邸にて1年の計画と各月の幹事を決定する会議をしました。
  その時の写真です。よろしくお願いします。   
 
 国見山―黒磯バッケハイキング  
 
                                                       東京ワンツー会 海江田圭右

  今年最初のハイキングは、茨城県北部の常陸太田市に鎮座する国見山と黒磯バッケである。
 ハイキングの2,3日前は天気が悪く、北風が吹き荒れて気温も低かったので、天候が危惧されたが、
 当日(平成29年1月10日)は、思いもよらず気温が上がり、風もなく、快晴という天気になった。

左奥が国見山、
中央が321m標高点辺り、
右端の尾根がバッケからの下山路、らしい。
春友の南500mから。

  友人達との集合場所の春友彫刻公園は、国道349号線沿いの里川沿いに広がる公園で
 ブロンズ像が点々と展示されている。定刻に全員が集合し、橋を渡り、
 国道349号線にある茨城交通バス停「春友富士の屋」まで歩く。
 そのバス停からは、本日上る国見山の稜線の一部が見渡せる。
(写真 → )
 
ほぼ満員に近いバスに乗って10分後に「高倉団地入口」で下車する。
 ここからが、本日のハイキングの起点である。

        ---- 続きを読む ----

      2016 1.2.3.4. 5.6.7.8.9. 10.~12.  
2015 1.2.3.4. 5.6.7.8.9. 10.11.12.  2014 1.2.3.4.5. 6.7.8. 9.10. 11.12.
 2013 1.2..3.4. 5.6.7.  8.9.10.  11.12    2012 4.5.   6.7.8. 9.10. 11.12.
         2011 12. 2012 1.2.3.     2011 1.2.3.4.5  6.7.8. 9.10. 11.

  **このページ【 体力維持系 】の先頭へもどる。