小倉高等学校  明陵同窓会  第12期  ワンツー会

 体力維持系報告








 平尾台
 

トップページに戻る
 夏の終わり            
 
                                                                  岩松 斉
 
  夏の甲子園、2試合目はライバル真颯(しんそう)館高校。昨年、我々を打ち破ったライバル校で、
 小倉高校の1.5km お隣の今や強豪校と評されるシード校です。
 観戦記を書こうと参加校の選手名鑑みたいな小冊を買って、スコアカードをネットから印刷したり・・・、
 意欲を持って臨みましたが、2試合目で無駄になりました。
 試合経過を振り返る気にもなりませんので、今年感じたことを書きます。

  pm2時に球場に着き、とても暑いのでネット裏に座った。すると「安田が来ているよ」の声が聞こえた。
 体調不良で、監督を辞退した安田氏が、ボクの前を通ってネット裏中央に座った。体調を気遣う仲間が同伴していました。

  試合は2年の河浦の先発で始まり、早々に失点を重ね、3回で0:3となった。居ても立っても居られなくなり、場所を、
 3塁側応援団の後ろに移り応援した。
 5回と6回に得点をし反撃体制ができ、これはいけると思った矢先、8回に2点追加された。
 その後、休ませて居た中野を代打に出すと長打を出したり、反撃を示したが最後に相手レフトの超ファインプレーで終わった。

  今年に入って、初めて、ブラスバンドの応援を見た。倉校HPで調べると素晴らしい実績のあるクラブです。
 ハーモニーのある音色が素晴らしかった。
 古い単細胞の私はなぜ吹奏楽部が応援に来ないのかと思って居たが、誤解してました、吹奏楽部は想像以上に
 切磋琢磨されて居たということですね。野球部もせめて県大会の常連になってほしいですね。
 そして、相乗効果を発揮してほしいですね。

  倉校野球に対する応援は立派ですね。球場での応援人数で負けたことはありません。
 今年は入学者が女性上位になったとか、応援団員も女性の団員は随分増え互角でした。
 OBの応援は群を抜いて居ますね。野球部に対する愛情いっぱいの人たちで溢れて居ます。
 応援席から見ているとよくわかります、真剣に手を叩き声を張り上げます。中にはスコアカードをつけておられる方も、
 見受けられます。
 本当にレベルの高い応援者が多いですね。吹奏楽団も女性の方がはるかに人数が多かったです。
 何か女性が倉校を変えてくれる予感もします。
 女性応援団員が何か容器を持って回っています、男性応援団員の手の甲に容器の白い粉を振りかけます、
 男子団員がそれを舐める。なんという、美しい、羨ましい!我々青春時代には無かった光景です。
 早々と私の夏観戦は終わりました。しかし倉校若人は成長しています!応援を続けましょう!
 
 6月の巻機山登山    
 

                                          武田 信之

  6月11日近くに住むワンゲル後輩と二人で、新潟県にある巻機山(まきはたやま)に登った。
 登山口から山頂まで標高差1200m、今の私の足では山上の避難小屋に一泊して二日掛かりで行かないと
 登れそうにない。「この梅雨時に二日も続けて晴天は望めませんよ」と言われて、日帰りの強行登山となった。


  早朝4時に車で出発、7時前には登山口に到着して登り始めた。いきなり「井戸の壁」と呼ばれる急坂。
 2時間ほどで五合目、傾斜が緩んで歩き易くなった。

 六合目展望台から上部に丸い、大きなピークが見えるが、巻機山ではない。ニセ巻機と呼ばれる前衛峰である。
 ヌクビ沢を隔てて急峻な雪渓の上に聳える天狗岩、割引岳の眺めは迫力があった。

 
 江戸時代の末期、越後魚沼の文人、鈴木牧之は「北越雪譜」の中で越後の山として苗場山、
 破目山(わりめきやま)の二山を取上げている。破目山は転じて割引(わりめき)山、
 現在の地図では割引(わりめき)岳(1931m)となっている。

  七合目付近で森林限界を超え、ニセ巻機らしいピークが頭上に迫ってくるが、なかなか辿り着けない。
 南側を巻いて東側の山腹を進むと、漸く行く手に丸いドーム状のニセ巻機山頂(九合目1861m)が見えてきた。

 ニセ巻機頂上から北に割引岳の鋭鋒、東の米子沢源頭に巻機山の緩やかな山稜が眺められた。
 深田久弥は昭和11年4月山スキーで巻機山に登り、この山を日本百名山の一つに選んでいる。
 山麓から見ても、途中の尾根からでも割引岳が目立っているのに、
 巻機山を選んだのは山奥深い所に隠れてゆったりと横たわるこの山の存在に魅せられたのだろうと思う。


六合目から見たニセ巻機と割引岳

ニセ巻機頂上と割引岳

ニセ巻から見た巻機山

  ニセ巻機から東側に残雪の斜面を下って巻機山に向かう。斜面の下部に避難小屋、まだ雪に取り囲まれている。
 シラビソ林に沿って木道を登ると湿原、地塘(湿原に生じた泥炭層の隙間に水が溜って大きくなったもの)
 の周りに小さなミズバショウが群れ咲いていた。

 緩やかな山稜を登って御機屋山に到着。ここに巻機山頂上と書かれた標柱が立っているが、
 木道の先にもっと高い牛ヶ岳(1962m)らしき頂きが見える。
 何か変な感じであるが、巻機山の三角点(1967m)は笹原のどこかにあるようで、
 植生保護のため道が付いてないようだ。

 牛ヶ岳山頂は石積みの中央に棒切れが差し込んであるだけだった。


頂上直下の地塘

牛ヶ岳に延びる木道

棒切れを差し込んだ牛ヶ岳頂上

  昼食を終える頃、山上に残るのは私たちだけとなった。荷物を纏めると早々に下山開始。
 下り初めは順調に標準時間通り下れたが、段々と足の動きが鈍くなり、
 六合目ー五合目間は上り下りとも同じ時間、五合目ー登山口間は上りより下りの方が45分も多く掛かった。
 下りが長くなると荷物と体重の重みが太股と膝に加わって筋肉にダメージを与え、耐え切れなくなるようである。

 登山口から山頂往復11時間、夕暮れが迫る頃に帰着した。

  最近標高差1100mまでは上り下りしているが、標高差1200mは私の限界を越えていた。

 数日間膝周りが痛んで足を引きずって歩いていた。いつもより長引いて少しおかしい。
 このまま歩けなくなったらどうしようかと不安だった。
 整形外科で診て貰うと「腰骨がずれ、膝周りは肉ばなれ」とのこと。
 腰骨のずれを矯正、膝の痛みに張り薬を貰って、1ヶ月近くかかって漸く元の状態に戻った。

 この時初めて「今、無事に生きている」という実感を味わった。
 普段健康で平穏に生活している時には感じなかったことである。

 
                ---- 
「なぜ山に登るのか」 ----

 六根会6月例会            

                                                                    岩松 斉
   
6月の例会幹事を小林くんの代役として引き受けました。
 深く考えることもなく、北九州ウォーキング協会主催の「ソーメン流し in皿倉」に参加する案を図りました。
 コースが三つあり、8kmの健脚トレッキング、7kmの皿倉表登山道コース、2.5kmのらくちんケーブルコース。
 当然提案したのは「らくちんケーブルコース」です。7名の賛同者を得ました。
 ウォーキング協会に知人の多い村田英樹くんも参加です。
  一般参加者は150名くらい、その中我々喜寿8名のグループとなりました。

  八幡駅前に集合し、ウォーキングの話、ストレッチなどして、我々は最後尾について皿倉ケーブル山麗駅までが勝負。
 一般の方々は、もうそれぞれの登山コースを登っています。
 山上駅からゴールの帆柱山キャンプ場までは下り、そうめん流し会場にはほぼ一番乗り、協会の方の段取りに従い、
 清涼なる帆柱の語源となる杉の大木の林間で流しそうめんをいただく。






  写真は中村勝年くんから提供してもらった。さすがですね、腕を上げられたと感じます。
 1枚目と4枚目が素晴らしいと思います。
 
 御嶽山・雨引山トレッキング     
 

                                                  東京ワンツー会 海江田圭右

 


  今回のトレッキングは、関東ふれあいの道のうち、茨城県の中央部にある「御嶽山から坂東24番札所への道」
 である。
 因みに、茨城県にある関東ふれあいの道は、御前山から笠間、筑波山、研究学園都市を経て霞ヶ浦に至る
 延長255キロメートル、全18のコースにより形成されている。

  6月17日の快晴に恵まれた朝、友人の車2台で出かける。
 今回のこのルートは、起点と終点が同じでないため、
 終点に始点に戻る車を用意する必要がある。


駐車場


 そのための2台の車である。始点のJR水戸線岩瀬駅裏駐車場は、
 かって岩瀬駅から土浦駅までを運行していた
 筑波鉄道の経路を自転車道(つくばリンリンロード)
 に利用したその始点にもなっている。
 そのためのベンチやトイレが整備されており、電車利用者、
 サイクリスト、ハイカーに利用されている。(写真1)

     ---- 続きを読む ----

 牧君、エイジシュート達成!!    
 
                                                                  松本 静
  H29、6、26 瀬板の森北九州ゴルフコース主催、グランドシニアコンペ(WP,パー72)、
 において、牧君がエイジシュートを達成しました。
 小生パートナーの一人でしたが、
 スコアはアウト38 (1バーディ、5パー、3ボギー) イン36(2バーディ、5パー、2ボギー)
 トータル74です。年齢は75歳11カ月ですので、余裕のあるエイジシュートでした。

  先日ドライバーヘッドに亀裂が入り、クラブを買い替えたばかりですが、
 これが合っている様でティーショットは真直ぐ良く飛び、
 加えて寄せ、パットが絶好調だったのが要因です。
 因みにコンペの成績は、グロス74、HD3.6 ネット70,4で4位入賞でした。
  では又   
              ---- 本人のコメント ----
  松本 様

  先日は、ありがとうございました。ただただ感謝しております。良きパートナーに恵まれ、
 特に松本さんには何時もお誘いをいただき、プレー出来る機会を数多く設けていただいたことが、
 達成できた最大の要因と思っています。まだ実感が湧きませんが、まぐれではなく、2度、3度と実現したいです。

 後期高齢者に仲間入りしてから、ゴルフは楽しく、にこやかに、気楽にプレーすることこそスコアがまとまると考えるようになり、
 常に実践するよう心がけています。
 技術的には日に日に衰えていくのが分かりますが、
 後期高齢になってからパターが格段に良くなったことがおわかりいただけると思います。

 もう1つの願い、ホールインワンをぜひと思っています。今後とも、よろしくお付き合いください。
             ---- 牧君への祝辞 ----

  牧君エージシュート達成おめでとうございます                                    豊島雅弥

   牧 哲雄 殿

  諫早の田舎から貴兄のエージシュート達成の記事を読みました。    おめでとうございます。
 確か昨年もグロス76でラウンドしてエージシュート間近と思っていましたから時間の問題でしたね。
 クラブを替えたり色々努力もしていますが何より貴兄のプレイする気持ちの変化が大きいのでしょうね。


  色んな病を克服しての達成に不死身を感じていましたが中学時代から野球のピッチャーとして活躍した抜群の体力、
 優れた技術や才能を持っている結果だと敬服しております。

  ホールインワンも目標に益々の頑張りを応援しております。
                               草々
 
 細尾峠―茶ノ木平トレッキング  
 

                              東京ワンツー会 海江田圭右


  今回のトレッキングは、ヤシオツツジで有名な奥日光の山を登るものである。
 コースは、日光から足尾に抜ける山越えの細尾峠から登り、茶の木平に向かい、中禅寺湖に降りるコースである。
  5月23日の早朝、友人の車で、北関東自動車道、東北道から日光道を通り、
 日光市内の西参道公営駐車場に停車する。

  ここからは、タクシーに乗って、登山口の細尾峠に向かう。足尾銅山で有名な足尾に行く道路を走行するが、
 途中からは、旧国道122号の昔の峠越えのジグザグ坂を上る。
 いろは坂と同様、カーブには連番を付した立て札が建っている。
 40近い数値までは見ていたが、細尾峠が何番目のカーブであったかは見逃した。峠には、車は駐車してなく、
 我々だけであった。峠には、西側に茶の木平(中宮祠)と東側に前日光高原(薬師岳、夕日岳、地蔵岳)
 の道標が建っていた。

  この旧道は、日光山の修行僧の峰修行の路として開かれたが、足尾銅山が発見され採掘が始まってからは、
 道路が拡張され、往来が盛んになったという。
 現在は、日足トンネルが開通して新しい国道122号が幹線道路として存在しており、
 この細尾峠ルートは国道から格下げされている。

  登山道は、季節がら目に優しい浅緑の葉でいっぱいの木々に囲まれており、オゾンいっぱいの空気の中、
 クマザサの山道を緩やかに登る。


シロヤシオ


 下を向いて歩いていたが、仲間がシロヤシオだとの声に頭の上を見上げると、
 新緑の中に、白い色をした五弁の花びらが、優しく下を向いて、
 我々に微笑みかけていた。                  (写真 ⇒ )

 太陽の光が若緑の5葉を照らしているので、下から見ると、一層その若緑が美しく映え、
 そのそばに、お淑やかに白い花を開かせている風情は、
 5月の爽やかな風に吹かれて気持ちが和む。

              ---- 続きを読む ----

 六根会5月例会報告   
 

                                         当月幹事 木下幸則

  5月30日、常連7名で、直方市へ行きました。夏日のなか5時間ほどの滞在でした。
 目標の一つは、福岡支部の渡 晋康君からPRがあった渡家由縁の上野家宗家十一代久兵衛の回顧展でした。
 市立美術館内の広い空間に多彩な作品が展示されていて、十分時間をかけて鑑賞することができました。


直方駅前の大関魁皇銅像

多賀神社

 ほかに、特筆すべきは国の有形登録文化財の「アートスペース谷尾」という名の辰野金吾設計による旧17銀行跡。
 レンガ風タイル張り、中は大正ロマン的ガラス工芸品の展示にかこまれたギャラリーレストラン。

 ここで、直方B級グルメ(焼きスパ)これは、スパゲッティの麺や具材をカリッとやいたものをいただく。
 なかなかの物。
 
予想外に時間を使ったのが「石炭記念館」。
 案内の人に、隅から隅まで熱をこめて説明していただいたので、多くの新知識を得ることができました。


石炭記念館

直方石炭記念館

石炭運搬SL.

 旧直方は、モダンな病院,商家、豪邸の輝く陽の顔と、林芙美子の「放浪記」にある下層の陰の顔とが併存した、
 典型的な初期資本主義の町でありました。
 これで、六根会は田川、飯塚、直方と筑豊三都市の勉強はおわりました。

 「鎌田杯」(明陵同窓会チャリティーゴルフ大会)の報告    
 
                                                                  藤永勝彦

  恒例の「鎌田杯」(明陵同窓会チャリティーゴルフ大会)は北九州市門司区にある開場80年以上の
 名門「門司ゴルフ倶楽部」で第10回記念大会として好天のもと開催されました。

  参加者は、高9期の先輩7名、高11期5名をはじめ、高12期生は8名と参加期としては最多数となり
 総勢66名が参加、競技方法はダブルペリア方式で行われました。

  12期は昨年第9回大会(小倉カンツリー倶楽部)で、2回目の優勝をしており、今年は喜寿の祝もあり
 連覇を期して東京から豊島雅弥君、関西から吉村邦彦君、松尾弘一君が遠路より参加いただきました。

  組み合わせは1軍(優秀貢献予定者)に豊島雅弥、吉村邦彦、白石 稔、松本 静
           2軍(予備軍)      に松尾弘一、津田正彦、中村勝年、藤永勝彦   でスタートしました。
 しかし、門司ゴルフ倶楽部の高麗グリーン、バンカーに苦戦し、本来優勝候補の1軍が予想外の成績となり
 団体戦では優勝は高25期(上位3人のネット221.8)、2位高13期(223.0)、3位高12期(223.2)と
 惜しくも1.4打差で優勝を逃しました。
  辛くも個人戦で、藤永が隠しホールに恵まれネット73.0で3位入賞をしました。

津田 中村 吉村 松尾
藤永  
岸川 豊島 松本
   

 夕方、小倉北区魚町の「武蔵」(小料理屋)で、残念会、ご苦労さん会の宴を
 昨年の優勝賞金を使って楽しく催しました。白石君所用で不参加、代わりに
 岸川君飛び入り参加。
 来年は、多くのワンツー会メンバーの参加を得て、
 3回目の優勝を誓い散会しました。
                                 ( 写真: 松本 静 )
 茂木―七井トレッキング         
 
                                       東京ワンツー会 海江田圭右

 

  今回のトレッキングは、関東ふれあいの道・栃木県No.20「風薫る山里のみち」として案内されているコースを、
 説明とは逆方向に茂木から益子町七井へ向けて歩くコースである。
 コースのほゞ真ん中に座する富士山の美しい形をした「芳賀富士」(272m)を登るのが目玉である。

  友人の車で東海文化センターを出発し、国道123号いわゆる水戸―宇都宮街道に入り、
 出発点の道の駅もてぎに向かった。
 通る道すがら、周囲の山は、見事に若草色をしたもこもことする山肌が、雲一つない青空に映えて、
 本日のトレッキングが、どれほど素晴らしいものになるかを予告しているようであった。


道の駅「もてぎ


  車は、出発点である道の駅もてぎに到着した。
 田園風景の中に突如として現れたモダーンな道の駅にびっくりした。
 既に大きな駐車場に沢山の車が集まっていた。(写真 ⇒ )

 道の駅もてぎを出て、国道123を横切り、逆川の川べりの道に進むと、
 ここに「関東ふれあいの道」の案内板があった。
 この場所が、起点である。舗装された道を川を見ながら進むとやがて、県道206号に出る。
 車が頻繁に通るので路肩によって歩く。


 田圃が開けたところから芳賀富士が見える 

  やがて、逆川に架かる桧木橋を渡り、農道に出たところを西に向かって進む。
 道路の両側に昔からの大きな農家の家が三々五々に散在していた。
 ある家の垣根に3ⅿほどの高さの大きなドウダンツツジが満開であった。
 さらに進むと開けた水田に出た。ここは見通しが良いので、写真撮影ポイントになっていた。
 今から登る芳賀富士が遠くに見える。( ← 写真 )
 水田の向こうの低い里山の麓に大きな農家の一軒家とその庭に、吹き流しと夫婦の鯉と二匹の
 子供の鯉幟が、五月の薫風に勢いよく泳いでいるのは、昔の原風景を見ているようで、
 心が平和になった。水田の反対側は、里山が迫っており、
 その側面の道路端の日陰の土手には二輪草の群生が見られた。

                    ---- 続きを読む ----

 皐月のゴルフ研修会         
 
                                                                   案野剛輔
  新緑の5月に入った初日、今年初めてのゴルフ研修会を鎌倉カントリーで開催した。
 朝の内は降り注ぐ太陽で暑いくらいであったが、昼過ぎから予報通りの雷雨に見舞われた。
 約1時間の待避を経て、プレーを再開したが、避難直前のボール位置からボールが消えていて大変不愉快。
 
 ホスト役の白鹿君は途中で持病の腰痛が悪化、1ホールだけ棄権したが、最後まで集中力を切らさなかった。
 驚異の飛距離を誇る豊島君は今回もその評判を維持し、なおかつパットも冴えてオリンピック勝者になった。
 昨年からゴルフ復帰した前田君は着実なプレーで本日のベスグロを達成、ただし表彰なしでした。
 技術向上を目指す案野は前半で一点豪華なプレーは見せたものの、最後までは集中力が持続出来ず百獣の王。

 何はともあれ、後期高齢にしては元気に無事に最後まで回って来られてお互いに感謝し、打ち上げへと移動した。
 5時過ぎから場所を本郷台に移し、

 新たに出田君も合流して大反省会を開いた。
 ゴルフはもちろん、多岐にわたる話題は尽きず、
 気が付けば3時間を優に超えていた。
 慌てて精算の後、解散。無事に自宅に帰れたでしょうか。

 2017 1.2.3.4.     2016 1.2.3.4. 5.6.7.8.9. 10.~12.  
2015 1.2.3.4. 5.6.7.8.9. 10.11.12.  2014 1.2.3.4.5. 6.7.8. 9.10. 11.12.
 2013 1.2..3.4. 5.6.7.  8.9.10.  11.12    2012 4.5.   6.7.8. 9.10. 11.12.
         2011 12. 2012 1.2.3.     2011 1.2.3.4.5  6.7.8. 9.10. 11.

  **このページ【 体力維持系 】の先頭へもどる。