小倉高等学校  明陵同窓会  第12期  ワンツー会

活動 報告





足立山

【 トップページに戻る 】
 小倉ワンツー会6月度例会報告   
 
                                                    三村 守親
 
 
 新幹事での最初の小倉ワンツー会例会は6月12日(月)「湖月堂」で開催されました。
 21名の参加があり、久しぶりに岡野正敏君、井生定巳君も出席して楽しいひと時を過ごしました。
 詳しい参加者名は写真に掲載しました。

  年々、年齢が進むにつれて小倉ワンツー会が大切なものに思えてきて、
 その幹事を引き受けたことで、小野二六一君と共に身の引き締まる思いです。
 この一年間よろしくご協力をお願いいたします。

堀淵  津田

井生 中村 藤永

岡野 吉里 神谷

原   奥

古本  井生

三村  小野

瀬口  熊野

渡邊  槙原

米谷  白石

木下  米谷
                                                        (写真撮影:古本清志
 2017 関東明陵同窓会総会の報告    
 
                                                                  案野剛輔
  関東明陵同窓会総会は、例年よりかなり早い5月28日に、昨年と同じ半蔵門のホテルで開催された。
 総会の前の講演会は 「私の履歴書と健康のススメ」 と題して髙久 史麿氏が1時間話された。

 健康の話はかなり速足で総花的であったが、それなりの示唆は受け取れた。

  部屋を換えて総会と懇親会。
 黙とうに続いて田中会長の挨拶、議事進行の末、滞りなく閉会、懇親会へと進む。
 来賓として新任の竹下校長といつもの宮本会長が小倉高校の現状などを紹介した。
 福岡、小倉に次いで3回目であるため、 大半の情報はすでに承知であった。

田中会長

竹下校長

宮本会長
 乾杯を経て本格的に懇親会に突入。12期の参加は8名であったため、11期の先輩と同一テーブルとなった。
 今年の当番の55期の音楽家によるアトラクションが目新しい企画であった。 

アトラクション

幹事引継ぎ

今回幹事
 明陵同窓会総会・懇親会報告   
 
                                                                 中村勝年
  日  時 : 平成29年5月21日(日) 15:00~17:30

  場  所 : 母校体育館
  参加者 : 宮本会長、竹下校長、北九州市副市長他、約700名 (12期27名)
  式次第 : 別紙の通り、当番幹事55期生により、滞りなく進められた。
  
   役員等の挨拶の中で特筆すべきは、
    ①新校舎が完成し倉校カラーの紫紺のイメージが表現されていること(別途写真参照)
    ②今春の新入生は、320名中、女子生徒が過半数を占め、倉高史上初の事態が起こったこと。

  議案審議 : 前年度決算、来年度予算、事業報告等が議案通り承認された。
  懇親会 : 総会終了後、例年通り鏡割りからスタート。ワンツー会喜寿祝賀会も兼ねて行われた。
        諏訪まりか さんのピアノ演奏等を楽しみ、抽選会では渡邊君が音楽イベントの招待券をゲット。
  校歌・応援歌斉唱、万歳三唱し、閉会。
さらに詳しい
   写真の数々
 我がワンツー会会員は喜寿祝賀の余韻を惜しみながら、来年の再会を約し、解散した。
                                              写真撮影 古本、西脇        以上
 ワンツー会喜寿祝賀会(神事・懇親会)報告   
 
                                                                  中村勝年

  日 時 : 平成29年5月21日(日)14:00 ~14:25    喜寿御祓い神事
  場 所 : 愛宕神社
  参加者 : 別添名簿の通り、小倉ワンツー会21名、東京ワンツー会2名、関西ワンツー会4名、合計27名

  愛宕神社を管理する地元町内会のご協力を得て、同神社の本社である到津八幡神社神主による神事が、
 遠隔地からの仲間を迎え、厳粛かつ盛大に行われました。

  思い出多い母校裏山に鎮座する古色豊かな愛宕神社で、感激に浸る一生に一度の記念のひと時でした。
 御祈祷・御祓いの後、神社から御神酒を戴き、御神饌のお米入りの小袋が全員に配られました。
  同日15:00 ~17:30 母校体育館に場を移し、

懇親会と合同

 同窓会総会懇親会と合同で御神酒を頂きながら、
 大いに語り合いお互いの健康を祝いました。
                                     写真撮影:古本、西脇
                                                    以上
 小倉ワンツー会5月度例会報告           
 
                                                      幹事 藤永勝彦  吉里二成 

  小倉ワンツー会5月の例会を12日(金)、「炉端のくろ兵衛.」(魚町1)で開催しました。
 今回も21名の多数の参加で、盛会裏に終えました。
 又今月は、喜寿の祝い行事として5月21日(日)、母校そばの愛宕神社で、ご祈祷をしてもらう計画をしています。
 関西、関東からの同期生を迎え30名弱の予定です。

三 村

小 野


  平成28年度小倉ワンツー会の活動は、5月の行事を以って最後となります。
 幹事として何かと不行き届きではありましたが、諸姉兄のご協力を得、
 なんとか役目を、果たし終えることができました。
 来年度(6月1日~)は、三村守親、小野二六一、両君が、
 年度幹事を務めることになり、 引き継ぎをいたしました。
 本年同様、皆さんのご協力をお願いします。
 1年間、ご協力有難うございました。

 参加者:奥 共栄、小川吉啓、小野二六一、神谷信彦、木下幸則、熊野誠是、古本清志、米谷元則、白石 稔、瀬口泰郎、
     津田正彦、利島康司、中村勝年、入学征一、原  晃、  藤永勝彦、堀淵毅良、槇原  敏、三村守親、吉里二成
     渡邊洋史、21名
                                                              撮影 古本清志
 
 我孫子倶楽部-春の例会-  
 
                                     東京ワンツー会 海江田圭右

 1.  日時 平成29年4月24日(月)12:00-14:00
 2.  場所 我孫子「備前本店」
 3. 参加者 間馬、石松、諸藤、清水、海江田、林(商業45年卒)

 若葉が芽吹き、爽やかな風の吹く春の例会が行われた。
 残念ながら、所要、体調不良、身内の介護等で不参加が多く、約半数の6人の出席となった。
 定刻全員が集合し、ビールで乾杯をする。

  この店は、食べ物を載せる食器やお酒の容器、箸置きまでもすべて備前焼である。
 店内は、古木を利用し、黒色を基調にした内装で、落ち着いた雰囲気にしてくれる。
 オーナーは、小倉高校38期の福原章太郎氏で、門司の出身である。


林 清水 石松

諸藤 間馬 海江田

  暫くの歓談が続く中、突然、
 一人の女性が林さんに声をかけてきた。
 彼女の自己紹介で、倉高38期の山岸尚美女史とわかった。
 母親と一緒に住む横浜から、
 備前のオーナーに会いに来たとのことであった。
 彼女とオーナーは、幼年時代同じ地域に住み、
 高校も同期で、親同士も顔見知りとのこと。
 今日は、親子ともどもの同郷の交流であったのである。
 我々の会話はもっばら、その話題でしきりであった。


誕生祝い

山岸女史


  最後に、料理の最後の品が出てきた。
 ロウソクに火を灯した誕生日祝いのケーキであった。
 昨年、清水氏の誕生日祝を計画したが、
 本人がアレルギーによる体調不良で
 不参加になったのを、店長が覚えていたのである。
 イチゴがふんだんに入ったケーキを食べて、この会を〆た。

 二つのハップニングのあった春の例会となった。
 次回は、7月24日(月)と決めて散会した。                      (了)

 明陵同窓会福岡支部総会(福岡ワンツー会)報告          
 
                                                                              佐藤光昭

  4月16日(日)午後2時半から5時まで西鉄グランドホテルで200名余が出席して開催された。
 
会計報告、池田支部長および来賓(同窓会長 宮本正吾氏、新校長 竹下徹氏)挨拶。
 宮本氏は、29年度新入生が
男子147名女子173名合計320名となり、創立109年にして
 男女数の逆転現象が起きた事に言及され、一瞬会場
がどよめく場面があった。

 
 続いて、NHK北九州放送局上田早苗(34期)局長が、「公共放送の現場から」のテーマで記念講演。
 東日本大震災
以降地震、風水害が相次いでいる中、視聴者に災害情報を、
 分りやすく迅速に伝え避難等に役立てて貰おうと、災害報道
の見直しを進めている点を強調された。
 「いますぐ、逃げてください!の連呼」「テロップを赤字で示し、直ちに避難
して下さい」等を例示され、
 受信料納入者にとり、納得の25分間であった。

  懇親会の間に西村忠(31)さん撮影の「思い出の学び舎」DVD上映もあり、一体感が盛り上がるなか、
 校歌を3番まで斉唱して散会した。

福本 藤永 前田

杉本 中村 佐藤

姥  杉本

福本 藤永 辻 中村 前田

全員
 福岡ワンツー会からは、
  前田邦彦(東京ワンツー会から特別参加)、姥哲郎、杉本善昭、辻健児、中村勝年、福本正人、藤永勝彦、佐藤光昭
                                                             の8名が出席した。
 
 小倉ワンツー会4月度例会報告           

                                                            幹事  吉里 藤永

  先日の台風のような強風と雨で、満開の桜もチラホラと散り始め花見の季節も終わりに近づきました。
 いつものメンバーに珍しく岡野正敏君、療養明けの米谷元則君参加で18名のメンバーでした。
  日 時:平成29年4月12日(水)18時30分開始
  場 所:小倉北区鍛冶町1-1-1東洋ビルB1F「かまどーふっくら」小倉店  093-521-1000
  参加者:伊藤博之、岡野正敏、小川吉啓、木下幸則、熊野誠是、古本清志、米谷元則、瀬口泰郎、津田正彦
       中村勝年、入学征一、原 晃、 藤永勝彦、堀淵毅良、槇原 敏、三村守親、吉里二成、渡邊洋史

   会の初めに、中村常任幹事からお願い事項として
 1)5月21日(日)喜寿のお祓い神事参加者(出欠返事は4月20日迄)は明陵同窓会総会受付を済ませ
   14時前迄に、愛宕神社境内に集合のこと。
   神事は14時00分開始、14時30分終了、同窓会会場入場は14時45分までにお願いする。
 2)小倉ワンツー会会則の改定は、平成29年6月1日施行したく、意見のある方は5月12日例会までにお願いしたい。

幹事連絡

米谷挨拶
  8ケ月間治療・リハビリ明けの米谷君の挨拶も終わり、こぢんまりしたテーブルに分かれたグループで
 和気藹々に話が進み、気がついたら21時が近づいており、解散宣言し各々帰路につきました。

伊藤  三村

堀淵  吉里

岡野  古本

吉里  瀬口

米谷  槙原

熊野  小川

原  藤永  堀淵

中村  津田  木下

渡邊  入学
                                                         写真撮影 古本
 東京ワンツー会世話人会         
 
                                                                  案野剛輔
  せっかく桜が満開の4月11日は生憎の雨、それも本格降りであった。
 会場までの途中に公園があり、チューリップの見ごろであったが、それも雨の中。当然、会場の萬珍楼も雨支度。
 世話人は9名いるがそのうち7名が時間通りに集まった。
 議題は「東京では喜寿の祝いをどのように行うか?」であった。
 複数の案が提示され、それぞれの案の内容説明があり、その後は活発な意見交換となった。

前田  白鹿  山浦

村田  石松  案野  豊島
 最後に煮詰まった結論。
   東京ではお祓いなしで、年末の総会を喜寿の祝いに充てる。その際は例年より豪華な宴を設ける。 
 開催まで時間があるので、その間で会場を探す事となった。
 ある世話人の子息がホテル関連に詳しいとのことで、先ずはその線で進めることになった。

 早々に結論が出たため、残りの時間はよもやま話に花を咲かせた。
 3時前には解散、相変わらずの雨の中をそれぞれの家路に就いた。
 小倉ワンツー会3月例会報告   
 
                                                        年度幹事 吉里、藤永

   春らしい陽気になり、厚手のコートも脱げる季節のなか、18名の参加者で賑やかに開催いたしました。

   料理はイタリア風、飲み物はビール、ワイン、各種カクテル、水割り(スコッチ、バーボン)、
  日本酒はメニューになく井筒屋で仕入れた岩国の五橋を冷やで。

情 景


  みんな堪能してくれたのでは。あっという間の2時間でした。

  日 時:平成29年3月11日(土曜日)18時30分より
  場 所:リバーサイドキッチン「アルカ」  (イタリア風料理)
       北九州市小倉北区船場町7-17 電話 093-513-5505
  参加者:奥 共栄、小野二六一、神谷信彦、木下幸則、熊野誠是、古本清志、白石 稔、瀬口泰郎、 津田正彦、
       中村勝年、入学征一、原  晃、堀淵毅良、槇原 敏、 三村守親、渡邊洋史、吉里二成、藤永勝彦

吉里  槙原  古本

熊野  渡邊

原   木下

三村   白石

小野  瀬口

神谷  中村

津田  古本

入学   奥

堀淵  神谷  藤永
                                                     写真担当 古本
 長~い活動報告                                                   2017.02.24
 
                                                                 案野剛輔


  今月になって、「ワンツー会のホームページにビデオ貸出し自由とあるので、見せて欲しい」と
 明陵同窓会(小倉)に問い合わせがあった。 長崎君経由で当方に対応の依頼があった。


  早速、調査すると何と2008年の大嶋君の投稿で「懐かしいビデオテープ」の事と判明。

 そこにはテープをDVDに変換してHP担当が保管しているとあった。
 直ちに木田君に問い合わせると、厳然と保管してあるとのことで、こちらに送付をお願いした。
 
同時に長崎君と同窓会にDVD発見の一報を入れ、送り先を教えて欲しいとお願いした。

 
 数日で木田君からDVDが届き、内容をチェックして複製作業に入った。
 数時間の苦闘の末DVDコピーが完了。本日(24日)、指示された住所にDVDを送付して任務完了。


井手一城 氏


 
 DVDの要求は、「何故!?小倉高校は名門と言われて来たか?」の中で
 ㈱銭高組 井手一城副社長(当時)が語られており、
 家族の方が井手さんの映像を探していてHPに辿どり着いたからと判明。
 試しに井手さんのフルネームをヤフーで検索すると簡単にHPに行き着く。
 検索で9年前のHPの隅々まで探しに行くとは驚きであった。


  このDVDでは東京ワンツー会の93年の集まりが収録されており、
 50歳を超えたあたりの比較的若い面々が写っている。(ご希望ならコピーを送ります。)

  噺は長くなったが、それもこれもワンツー会が会合やHPを10年以上継続しているからこそ生まれた話で、

 是非、活動報告で報告しなければと思った。

 

 小倉ワンツー会2月例会報告            
 
                                                         年度幹事  吉里、藤永

  今年初めての大雪注意報の中での開催で、出席率が低下するのではと心配したが雪はチラつく程度で、
 参加予定者17名全員が集まり楽しく開催できた。
   開催前に、
 1.「青春座」主宰の井生君から、北九州出身放送作家葉月けめこさんの新刊「北九州の逆襲」の紹介PRと購入依頼。
 2.中村勝年小倉常任幹事から
       ①年度幹事2名の業務軽減を目的とする小倉ワンツー会会則の一部改定案、
       ②小倉ワンツー会としての5月21日(日)喜寿祈祷・祝賀会開催、の2件について提案があり、
   賛否を諮った結果、全員承諾した。詳細は後日中村常任幹事から連絡することにした。
   又、5月例会(5月12日)は、喜寿祈祷・祝賀会とは別途に行うこととした。

    2人の報告後、各々乾杯をし2月度懇親会に入った。
  参加者は、井生定巳、奥 共栄、小野二六一、神谷信彦、熊野誠是、古本清志、白石 稔、瀬口泰郎、 津田正彦、中村勝年
        入学征一、原 晃、 堀淵毅良、 槇原 敏、渡邉洋史、吉里二成、藤永勝彦        以上17名。

←井生プレゼン

中村幹事提案

情景

吉里  小野

古本 入学  

入学  渡邊  奥

白石   瀬口

堀淵  神谷

槙原   原
                                                   ( 写真撮影 古本)
                                                                     以上
 
 福岡ワンツー会冬季例会(新年会)の報告           

                                                                 辻  健児

  福岡ワンツー会の冬季例会(新年会)が1月19日(木)午後6時からアサヒビール園で開かれました。
 出席者は、
       鮎川君、姥 君、佐藤君、杉本君、中村君、福本君、水野君、辻   の8人でした。

  例年のように佐藤君の年頭所感から始まりました。
 三題噺にちなんで、イギリスのEU離脱国民投票やアメリカの大統領選挙に見られたような、客観手的な真実よりも感情、
 個人的信条に訴えるほうが影響力があるとするポスト・トゥルース(脱・真実)現象が顕著にみられ、
 次に、国際的には中国の海洋進出等の大転換が進行中であり、しっかり注視する必要があるが、
 我々自身としては、健老・賢老でありたいとの願望で結ばれました。

  今年は福岡ワンツー会の結成20年目の記念すべき年ですが、喜寿を迎える年にもあたります。
 そこで秋季例会(10月19日(予定))を喜寿祝の祝宴とし、櫛田神社で祈祷をしてもらうことになりました。

 中村君の乾杯の音頭で宴に入り、参加者はそれぞれ近況を紹介しつつ和気あいあいのうちに2時間余を過ごしました。

水野   鮎川

杉本  福本

中村   佐藤

辻    姥

新年顔合わせ
  
 我孫子倶楽部新年会の報告     
 
                                                                   案野剛輔
  北の国では大雪で難儀をしていた正月16日、我孫子倶楽部新年会を開催した。

さり気に備前の文字

 会の名前から当然であるが、我孫子駅前からすぐそこの「備前」に10名が集まった。

  やはり新年なので、「明けおめ」の乾杯から始まった。
 横長の席で、勝手に会話が進むため何が話題であったか確かには判りかねるが、
 後期高齢に移行するための煩わしい手続き、同期諸氏の現況と過去の想い出、
 北九州の私立高校が目覚ましく躍進とか、 小倉高校の野球部監督に対する期待、
 サッカーチームの不振は何故かなどなど。
 病気や老後の不安などは敢て表に出さず、楽しいお酒に終始して、2時間余りが経過した。
 次回は4月末に開催と確認し、外で記念撮影をして解散。  空っ風の中を各自家路に就いた。
 小倉ワンツー会1月例会報告   

 
                                                              幹事 吉里、藤永

  小雨の降りそうな18時すぎ、新年恒例の例会場所「観山荘別館」に大勢の23名が集合した。
 参加者は、
    有森隆繁、 奥 共栄、小川吉啓、小野二六一、神谷信彦,木下幸則、古本清志、小林繁人、白石 稔、瀬口泰郎、
    津田正彦、中村勝年、入学征一、 原  晃 、 槇原  敏、 三村守親、渡邉洋史、吉里二成、藤永勝彦
    仲  幸江、石川利子、関野博子、諸富涼子                        (敬称略 23名)

  新年例会の冒頭に中村常任幹事より、40数年間連綿と続く小倉ワンツー会を永続させるため、
 今後の運営及び会則の一部改正について提案がなされた。

  最大の問題は、会員の高齢化に伴う健康問題や家庭環境の変化により、年度幹事候補者が減少し、
 会の運営に支障を来しつつあることであり、その解決策として、誰もが引受けやすいよう、
 会則に定める幹事業務の軽減策が提案された。
  今後提案内容を全員で検討し、新年度である平成29年6月1日より改訂会則を実施したい旨、
 説明があり乾杯の後、懇親例会に入った。

幹事挨拶

乾杯

情景 1

情景 2

奥   中村

原  有森

古本  白石

三村  小林

諸富  仲

小川 小野 古本

瀬口  津田

石川  関野

渡邊  神谷

藤永  小川

槙原 入学 吉里

木下  槙原
  皆和気藹々と歓談し、2時間があっという間に過ぎ、8時45分に閉会挨拶を行い解散した。
 
       
 2016 1.2.3.4. 5.6.7. 8.~12.  2015 1.~6. 7.8.9. 10.11.12.          
 2014 1.2.  3.4.5  6.~11. 12.    2013 1.2.3.4.5. 6.7.8.9.  10.11.12.           
 2012 1.2..3.4. 5.6.7. 8.~11. 12 2011 1. 2.3.4. 4.5. 6.7. 8.9. 10.11.12.

**このページ【活動報告】の先頭へもどる。