小倉高等学校  明陵同窓会  第12期  ワンツー会

活動 報告




 小倉高校全景

【 トップページに戻る 】
 小倉ワンツー会12月例会の報告   
 
                                                                 三村守親

  小倉ワンツー会では平成29年12月12日(火)のPM6:30~PM9:00に忘年会を開催した。
 場所は 「ちょろ松」(ふく料理)
 参加者 有森隆繁、奥共栄、小川吉啓、神谷信彦、木下幸則、熊野誠是,古本清志、米谷元則、小林繁人、白石稔、
      瀬口泰郎、津田正彦、利島康司、中村勝年、原晃、堀淵毅良、槇原敏、山家卓、渡邊洋史、吉里二成、
      長田孝義、小野二六一、三村守親              (23名、敬称略)

  朝から小雪が舞う寒い一日でしたが20人を超えるたくさんの出席がありました。
 今年は喜寿を迎えて、年齢相応に皆あちこちと体の故障も抱えていますが、 冬の味覚のふぐ刺しを食べながら
 賑やかにひと時を過ごしました。
  小倉高校は明治41年に開校以来来年は110年を迎えます。
 先日産経新聞九州山口版に「自慢させろ!! わが高校」という特集が11月18日(土)12月2日(土)の
 二回に亘り掲載されました。
 同期の利島康司君が倉高時代の思い出を語る中で毎月開催されてきた「ワンツー会」についても紹介しています。
 
 春の選抜高校野球には小倉高校の名前も上がっており、ひさしぶりの甲子園に向かって頑張ってほしいところです。
 
 東京ワンツー会総会(喜寿を祝う会) 速報 
 
                                                                    案野剛輔
  風もなく穏やかに晴れ上がった12月2日、掲記会合は芝パークホテルで開催された。

 小倉、福岡では神社での祈祷で喜寿を祝ったが、東京では一味違う企画で、講演会を催した。
 アンチエイジングのヒントと題して、
 湘南鎌倉総合病院 健康管理センター長 酒井 規先生の講話を拝聴した。
 詳しくは長くなるので割愛するが、日頃の健康管理で正しいことと、
 少し狂信されていることの区別を意識しなさいと、 判りやすい表現で話された。


  その後、通常の総会に戻り 黙とう、会計報告に続いて、懇親会に移った。
 今年は小倉から中村君、大阪から松尾君と遠距離参加があり、さらに堀井君が不自由を圧して参加してくれた。
 2時間半の間に、各自の近況報告をしてもらったが、喜寿とは思えないなかなかの発展ぶりで傘寿は間違いなしと思われた。
 最後に逍遥歌、校歌を大声で歌い、アンチエイジングに効果のあるストレス発散を皆で行い、解散した。
 関東明陵同窓会で講演     

                                                                   案野剛輔

  関東明陵同窓会の月例会では、卒業生から講師を選び

清水さんが写真を

送ってくれた。  

 様々な話題の講演会を開催しています。
 11月は12期の当番で講師選定を依頼されていたところ、
 木田 誼君が名乗りを挙げてくれました。

 演題は    「時代物小説の舞台となった『江戸名所図会』

 で、考古学部OBの面目躍如とのこと。
 詳しくは 『江戸名所図会』 にリンクしてあります。

 平成29年度全国高等学校ラグビーフットボール選手権大会     
兼第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会福岡県予選決勝
 
                                                                 岩松 斉
  ああ疲れる、これが正式の試合名称。


 心躍る気持ちで、決勝戦の観戦に行きました。場所はミクスタ(ミクニワールドスタジアム北九州)。
 当日の朝日新聞に大々的記事、これは相当混むかもしれないと思い早めに家を出た。 写真 1

  高校野球は600円。ラグビーはいくら取るんかなあとチケット売り場を探しながら整理の人に聞くと
 「小倉高校のOBですか?」と聞かれ奥を指さされる。
 「小倉高校OB・・の」ポスターがあり、3Fの貴賓席らしき大きな部屋へ、
 OBやボランティアの人たちが飲み物を配っている。
 利島氏を見つけ挨拶。結局タダで貴賓席へ侵入。
 この後、利島くんから招待されていた中村、藤永、小野諸氏が現れた。
 小倉高ラグビーの名を高めたパナソニックの山田章仁氏を発見早速写真を撮らせてもらう。写真 2

  小倉高校の試合前円陣。素晴らしい掛け声、頼もしかった。写真 3 
 小倉高校のキックオフで開始。写真 4
 途中経過。14年前に同点で戦った記憶から、ある程度の善戦を期待する気持ちがあったのだが、時代は変わっていた。
 日本のトップを独走するチームははるかに進化していた。
 相手の独走を繰り返し、繰り返し見るだけの試合となってしまった。 トライに走る東福岡。写真 5
 結局小倉はノーゴール。 94対0 の敗退となった。
 (東福岡は予選4試合で426得点、失点7点。1トライしか許していない)写真 6





  --- 後 記 ---
  1) ワントライは見たかった。
  2) 最近のスポーツ界の若手の進出はすごいが、
    ラグビーのような純粋格闘競技系のスポーツはなかなかそうはいかないようである。
    しかし、東福岡の選手を見ると、すぐにでも全日本クラスで通用しそうな逸材が溢れているように素人目に見えた。
    敵というより、日本の宝という風に感じられた。1/8日、花園でぶっちぎって勝ってくれ。
 
 小倉ワンツー会11月例会の報告   

                                                                   三村守親
   紅葉が綺麗な季節にはいりました。
 11月のワンツー会は暦の都合で11日(土)PM6:30~から紫川沿いの「紫紅’S Ⅱビル」の中にある
 イタリアンレストラン「ラ・パペリーナ」でワインとパスタの夕べを開催しました。
 

  店の窓から小倉城に向かう橋は飾りの照明が点灯されて華やかになってます。
 講釈の少し多いシェフの料理を楽しみながら昼に行われた全国高校ラグビーの
 福岡県決勝戦に出場した小倉高校の活躍が話題の中心になりました。

 今朝から冷え込みが一段と進む中ワンツー会からも数人応援に行っています。
 全国優勝をしている福岡東高校を相手に体重差13キロの中を善戦しました。

  前回のワンツー会から長田孝義君、山家卓君も元気な顔を見せてくれてます。
  
 福岡ワンツー会秋季例会の報告   
 
                                                           担当幹事   姥 哲郎

  別掲載の通りの喜寿の祝いの後、会場の八仙閣本店一階銀香梅に移動しました。
 メンバーは、辻幹事をはじめ、東京から参加のHPでお世話になっている案野さん、渡さん、杉本さん、佐藤さん、
         神野さん、福本さん、当番幹事の姥の8名でした。

  辻幹事のあいさつで始まり、近況報告やら、体の事、病院のこと、同級生の情報などで、和やかな談笑となりました。
 皆さん久しぶりの顔合わせで、楽しく、時間いっぱい語り合いました。

  それにしても、アルコールが、みなさん弱くなったのかなと、当番幹事としては、少々物足りなさを感じました。
 お互い体に気を付けて、次回の例会を楽しみに、散会しました。

佐藤   福本

姥   神野

杉本   案野

辻    渡

総 勢 8 名
     これをもって報告とさせていただきます。

 福岡ワンツー会・喜寿のお祓い   
 
                                                                    案野剛輔

  福岡ワンツー会では古稀のお祓いに続いて喜寿のお祓いを受けた。6年前と同じく、櫛田神社に8名が集まった。
 夕暮れの神殿前に並んで座り、巫女の指示に従って立ったり座ったりの繰り返し。神主が祝詞(のりと)をあげる前に大太鼓を
 打ち鳴らし、空きっ腹にかなり堪えた。その後、各人の名前を読み上げ何時までも健康が続くように神様にお願いして終了。
 御神酒(おみき)をいただき、神社正面で記念撮影をして、無事神事を終えた。 あとはタクシー分乗で例会会場へ。

右上に受け取ったお札

 小倉ワンツー会10月例会の報告   
 
                                                                 三村守親

  10月に入っても昼間は30℃近く、夏の暑さが残っているようなお天気が続いてましたが、昨日から一気に秋になりました。

  10月ワンツー会は井筒屋デパートに隣接した紫川沿いの「聘珍楼」で開催しました。
 出席者はほぼいつものメンバーに久しぶりに井生定巳君、長田孝義君が元気な姿を見せてくれました。
 合計21名の参加となり、窓から小倉城の夜景を眺めながらひと時を過ごしました。

  今回は食事に「アンチエイジング薬膳コース」を準備してみました。
 仲間同士の会話には体調の事、「転倒には注意」とか、いろいろとそれぞれの経験からの話は役に立ちます。
 また楽しみな情報交換も有難い事です。
  担当幹事になってまだ間もないですが、ワンツー会の存在が大変意義のあるように思えています。
 卒業後、長年に渡ってお世話続けてきた友達に改めて感謝しながらもうすこし年度幹事をしたいと思います。

 残念!母校惜敗ー秋季高校野球 福岡大会 準決勝    
 
                                                                  中村勝年
  球場に着くと、昨日の雨が今朝まで残り、グランドコンディションが悪く10時の試合開始予定が1時間遅れるとの掲示。
 べとべとのグランドを係員の方々が砂を入れ入念に整備していた。
  この悪コンディションがはたしてどっちのチームに災いするか?と心配しながら11時15分に何とか試合開始。
 今回は岩松君が行橋~別府100kウオークに参加のため、また小野君は所用あり欠場、
 代って津田君が来場、渡辺君、中村の3老人応援団でした。

  母校は先攻、幸先良く、1回に2点の先取点、「あ~愉快なり、愉快なり」の乱舞。
 宿敵東筑相手に前半は3-0でリード、エラーも全くない。足下の悪さは東筑に災いし、守備に乱れ。
 ところが後半になり河浦君の球にも慣れた東筑打線、7回裏に追いつき3-3の同点、8回裏に更に2点を追加し、リード。

  しかし母校は9回の崖っぷちで、意地で2点を取り、追いついた。
 この後、ワンアウト1,3塁の好機が続いたが、もう1点が取れなかったのが痛かった。
 今大会初の延長戦に入り、河浦君も力投、相手の石田投手も甲子園投手、流石に譲らぬ粘投。

  しかし11回裏に思わぬ結末が待っていた。相手2番打者がレフトオーバーの長打、ボールがレフトフェンスに当たり、
 左に跳ね、レフトのファールグランドに転々、俊足のランナーがダイヤモンドを一周しホームイン、5-6でゲームセット。
 さよならランニングホームランという全くあっけない幕切れとなった。
                                                 福岡の高校野球に掲載記事





 1.福岡県ベストフォー                3.先取点でああ愉快なり!        5.よく頑張った、このメンバーで
                2.満席の学生応援席                  4.ああ無情   夏の甲子園をめざせ
  秋に新チームとなり、今大会はシード校ではなかったが堂々のベストフォー、大きな自信になったと思います。
 このチームで是非夏の甲子園をめざしてほしいものです。
         --- 応援お疲れ様でした ---
 秋季高校野球 福岡大会 準々決勝観戦記       
 
                                                                岩松 斉

  9月30日上記大会の準々決勝小倉vs春日を観戦した。第一試合は東筑が勝ち上がっている。
 相手の春日高は福岡市の南、春日市にある県立高校。選手年鑑を見ると部員数(1〜2年生)が60名(小倉25名)。
 ネットで調べると偏差値68(小倉67)と侮れない相手と思えた。

  前試合の対真颯館で決勝打の本塁打を打った河浦投手が四番に座っている。その前の試合では8番を打っていた。
 その時の4番はメンバーから外れている。ベンチも大苦労をしていることが推察された。

  試合は早々1番樵田(こがた)が2塁打、バンドで3進、3番遊ゴロに倒れるも、4番河浦見事にヒットで得点をたたき出した。
 2回は2アウト後に3塁打が出るも後続が倒れた。3回、5回とともに先頭打者が出塁し、バントで2進するが後続が倒れた。
 6回は先頭3番石橋がライト前にクリーンヒット、さあ、前試合ホームランの新4番河浦。
 スタンドの中年OBのオッさん「河浦!一発かませ!!」と大絶叫。
 春日高も危険を感じ、グランドで円陣を組む、すかさず、審判が早く試合を進めよと注意に行く。
 ベンチの取った策は想定外!河浦見事な送りバント、相手内野陣意表を突かれ一塁へ悪送球となった。無死一、三塁。
 5番本田の右犠飛で加点に成功。私は、ベンチワークを褒めたい。今まで調子の上がった選手を上位に上げて来たが、
 強打をさせ結果を出してこなかった。調子の上がった河浦に、バントを命じ結果を出させた。

  6回には2番渡辺がヒット、3番石橋にバントを命じ、4番河浦は見事にレフト前ヒットで2度目の打点を挙げた。
 その後6番徳永の2塁打で1点、前々試合4番の平田を起用四球で満塁、9番山崎のヒットで2点と全員野球が成り立った。

  北九州球場はスピードガンの表示がある。河浦のスピード(残念ながら前半注視するのを忘れた)は
 4〜6回頃は140〜141kmであった。8〜9回はガックリ落ちて130キロ中盤であった。
 低めにコントロールされれば十分甲子園に行けるとお見受けした。
 打の方でも期待され初めているのでここらで大化けしてもらいたい。






  写真1 炎天下の3老人中村、小野、渡邊
       写真
2 4番河浦の送りバント(自評(笑)今日1番の成果!)
                          写真
3 9番山崎、満塁での2打点打
                                   写真
4 2番渡辺、2アウト満塁での強烈な一塁ライナー
                                                       写真
5 河浦投手の球速(5回)



  さあ次は東筑に決まった!雪辱を晴らしてもらいたい。
  10月7日10:00 北九州球場だ。  今後のスケジュール
  残念ながら私は100キロウォークで応援には行けない。

               「福岡の高校野球」に掲載の記事

 写真
6 結果と次試合組み合わせ
        写真
7 試合終了挨拶(女子マネがグランドで挨拶するようになった時期を、部員に聞いたがわからなかった)

      ---- この記事に追加コメント 応援に行きましょう ----             2017.10.01    中村勝年 

  老人応援席からひとこと。
 前回の真颯館戦のドキドキハラハラのシーソーゲームに比べると、
 今回の快勝は残暑を感じながらも組み変えた打線を落着いて観戦できた。

  強いて苦言を呈すると、やはりエラーが多い、前半は相手を上回っていた。
 河浦君は完封したものの無駄な四球をもう少し減らせないものか?
 次戦はいよいよ東筑、今春の定期戦では勝っている。     
さあ皆で応援しましょう!!
 2017高校野球秋季大会(その2)         
 
                                                                  中村勝年
 ー 小倉高、宿敵に打勝つ! -

  きょうの5回戦はいつもの喜寿4人組応援団から岩松君が北九州ツーデーマーチに参加したため、
 渡辺、小野、中村の3人応援団で頑張りました。

  結果は過去3連敗中の宿敵「真颯館高」に打撃戦で8対7で辛勝。
 我が方は後攻、1回に先制点を取ったものの、3回に捕手のエラーで三振、振り逃げランナーを出し、
 あっという間に3点を取られ逆転された。  エラーは流れを変える、恐い。

  その後ねばって逆転したが、相手も食い下がる乱打戦。
 我が方も投手河浦君の2ランホーマーが出てはいたものの、
 最終9回に、敵にもノーアウトから四球で出したランナーを置き
 ツーランホーマーを打たれ、
 8対7となる。  エース河浦君ついにマウンドから下りる。

  この時ばかりは、50%は負けを覚悟。応援団も必死の声援、
 その甲斐あって救援した投手(名前不詳、申し訳なし)が後続3人をぴしゃりと抑えゲームセット。やれやれ・・・。

  逆転に次ぐ逆転のシーソーゲーム、野球は8対7で決着する試合が一番面白いと言った正に「ルーズベルト」ゲームでした。
 観る方はこれほど疲れるものはない、次戦は安心して観れる試合をぜひお願いしたいものです。

          皆で応援しましょう。
 2017高校野球秋季大会    
 
                                                                 岩松 斉
  第141回 高校野球秋季大会が始まりました。
  初戦  8/27            小 倉 10-0 京 都        (桃園球場)
  2回戦 9/09             小 倉   7-0 育徳館        (筑豊緑地球場)とここまでは順調です。
 
  3回戦を観戦しましたので報告します。
 第3戦は9/16 北九州球場での光稜高校でしたが、台風18号で9/18に順延、
 しかも中間市営野球場(仰木彬記念球場)となりました。

 8時半に中村勝年くんを拾い、9時半の第一試合に球場入りしました。郊外田舎球場で、しかも台風一過のため
 グランドはかなり痛んだ状態、両チームから多勢の部員を駆り出し、グランド整備に時間をかけていました。

  秋は新人戦なので、夏の名簿は役に立たず、早速女子部員に声をかけ、部員名簿の写真を撮らせてもらいました、写真
 交通の便の悪い球場なので入場者もわずか、三塁側観戦者はほとんどが倉校 OBかと思われる。
 現役倉校生は我々年寄りをOBだと早合点をし皆挨拶をしてくれる。やや心地よい。
 入校生も女性上位となったと聞いていたが、応援団も女性が急増してきた、写真。 高稜高側スタンド、写真

  試合はこの試合を観る限りでは、消化不良、よく言えば伸び代がいっぱいだと言っておこう。
 1回から3回まで3者凡退が続き、4回先頭が初ヒットで出塁するも、バントすらできず、2盗失敗でランナーも失う、
 結局5回まで一人の残塁者も残さず、準完全試合で抑えられた。
 光稜高校は毎回四球のプレゼントを受け取りヒットもありチャンスは多々あったが、拙攻と倉校の堅守に阻まれた。
 倉校の得点は、6回1死後ヒット送りバンドと四球、エラー、で得た2死満塁を四球押し出しで得た1点、
 ここまで絶不調だった4番バッターを交代させておいた新4番バッターが見事センター前にクリーンヒットで2点追加。
 ベンチワークのヒットでもあった。8回に1点ずつの得点があり、4対1での勝利となった。写真4、5





  これからの試合は9/23、9/30、10/7、決勝10/8といずれも北九州球場です。
 女子倉校性が愛情いっぱいに歓迎してくれます!     応援に行こう!

                        ---- この記事にコメント ----     2017.09.19    案野剛輔

 最後の勝利挨拶の並びに女子マネが入っていますが、女子のグランド入り解禁は今年からでしたか?

 小倉ワンツー会9月例会の報告          
 
                                                                三村守親
   日 時:平成29年9月12日(火)午後6時30分~
   場 所: 鉄板焼きバール ピアチェーレ
   出席者: 奥 共栄、岡野正敏、小川吉啓、神谷正彦、熊野誠是、古本清志、米谷元則、小林繁人、佐藤有三、
         津田正彦、
瀬口泰郎、中村勝年、入学征一、藤永勝彦、堀渕毅良、槇原 敏、渡邊洋史、
         吉里二成、原  晃、木下幸則、
小野二六一、三村守親                      22名

  9月に入っても日中は30℃近い夏の暑さがまだ続いていますが、木陰に吹く風は爽やかになり、
 空の雲はまさしく秋になりました。

 今月もワンツー会例会にはたくさんの参加があり楽しいひとときを過ごしました。
 久しぶりに佐藤有三君も元気な顔で出席です。

 
 北九州に近い日帰り立ち寄り温泉の情報や旅行の話にも話題は広がります。
 皆、年齢相応にあちこち病院通いも増えているよう
ですが、
 まだまだこれからも一日一日を大切に過ごしたいと
思います。
 
 小倉ワンツー会8月例会の報告              
 
                                                      三村守親
  8月例会   8月10日(木)開催  於小倉飯店
  出席者 
   奥 共栄、熊野誠是、古本清志、米谷元則、小林繁人、白石 稔、
瀬口泰郎、津田正彦,利島康司
   中村勝年、入学征一、原 晃、
槇原 敏、渡邊洋史、吉里二成、小野二六一、三村守親   17名

  北九州の夏祭りは台風5号の影響でハイライトの8月6日に予定された花火と百万踊りは
 中止されましたが前日の「祭り大集合」には
 昨年世界遺産に登録
された「戸畑大山笠」8基参加して賑わいました。

 
 今月のワンツー会はお盆休みを配慮して10日に開催し、暑気払いを兼ねて高カロリー食にしました。
 円卓を囲む中華料理は特に会話が弾み楽しい会に
なりました。
 甲子園の全国高校野球大会には福岡から公立の東筑高校が出場し
話題の中心になり、
 小倉高校が甲子園で活躍した頃の話にまで及びました。
 また今、話題になっている政局の話まで気心の知れた仲間うちの話は面白く時間が経つのを忘れます。
 
     2017 1.2.3.4.  5.6.7.
 2016 1.2.3.4. 5.6.7. 8.~12.  2015 1.~6. 7.8.9. 10.11.12.          
 2014 1.2.  3.4.5  6.~11. 12.    2013 1.2.3.4.5. 6.7.8.9.  10.11.12.           
 2012 1.2..3.4. 5.6.7. 8.~11. 12 2011 1. 2.3.4. 4.5. 6.7. 8.9. 10.11.12.

**このページ【活動報告】の先頭へもどる。