小倉高等学校  明陵同窓会  第12期  ワンツー会

活動 報告





足立山

【 トップページに戻る 】
 小倉ワンツー会8月例会の報告              
 
                                                      三村守親
  8月例会   8月10日(木)開催  於小倉飯店
  出席者 
   奥 共栄、熊野誠是、古本清志、米谷元則、小林繁人、白石 稔、
瀬口泰郎、津田正彦,利島康司
   中村勝年、入学征一、原 晃、
槇原 敏、渡邊洋史、吉里二成、小野二六一、三村守親   17名

  北九州の夏祭りは台風5号の影響でハイライトの8月6日に予定された花火と百万踊りは
 中止されましたが前日の「祭り大集合」には
 昨年世界遺産に登録
された「戸畑大山笠」8基参加して賑わいました。

 
 今月のワンツー会はお盆休みを配慮して10日に開催し、暑気払いを兼ねて高カロリー食にしました。
 円卓を囲む中華料理は特に会話が弾み楽しい会に
なりました。
 甲子園の全国高校野球大会には福岡から公立の東筑高校が出場し
話題の中心になり、
 小倉高校が甲子園で活躍した頃の話にまで及びました。
 また今、話題になっている政局の話まで気心の知れた仲間うちの話は面白く時間が経つのを忘れます。
 
 納涼・霧が丘の集い    
 
                                                                  案野剛輔

  少し遅くなったが、7月25日に恒例の霧が丘の集いを開催した。納涼と銘打つにはほど遠い暑さのなか、9名が集まった。
 久しぶりであったので、積もる話も多く、最後まで会話は弾んだ。

  小倉祇園がいまいち寂しくなった、母校が女性上位になった、野球は早々と負けて県大会にも出られず、
 など悔しい話題が先行した。
 
  そこで東京幹事の前田君から、前向きの話題として年末の東京ワンツー会総会の企画が紹介された。
 総会に先立ち、権威ある先生の「アンチエージング」の講話を聴くことに。
 会費はいつも通りで、蓄えから同額の補助を出すことで、豪華絢爛の会に盛り上げることになった。
 それやこれやの話が長い席のあちこちで飛び交い、把握できなかったが、とにかく楽しく会を終えた。

杉本 堀井 出田 水上 岡田

前田 豊島 白鹿 案野
   遠方からの杉本君は近くの息子さん宅へタクシー、堀井君は愛妻お迎えで目出度く解散した。
 
 我孫子倶楽部-夏の例会-   
 
                                      東京ワンツー会 海江田圭右

 1.  日時 平成29年7月24日(月)12:00-14:00
 2.  場所 我孫子「備前本店」
 3. 参加者 間馬、石松、諸藤、清水、海江田、鬼塚(22期)、林(商業45年卒)

  湿気の多い、暑い季節の中、夏の例会が行われた。
 加齢の身にとっては、体力的に辛いものがある折柄、頑張りを見せる7人が集まった。
 鬼塚さんの1時間遅れの連絡を除いて、定刻通りに集まり、
 近くの取手工場で作られたよく冷えたビールで乾杯をする。


 朝倉市の甚大な水害、夏の高校野球で早くも小倉高が予選で敗退、
 
今春の新入生は、320名中、女子生徒が過半数を占め野球部の活躍に影を投げかけていること、
 宮崎画伯の絵が新校舎の応接室に飾られていること、等々が話題となって
歓談が弾んだ。

  紅一点の鬼塚さんが到着して、2度目の乾杯をし、酒席が盛り上がった。
 夏バテを吹き飛ばす勢いで少し若返った雰囲気となって解散となった。


諸藤  石松

間馬  海江田

鬼塚  林  清水

暑い中・・・

         次回は、10月30日(月)と決まった。                     (了)

 福岡ワンツー会夏季例会の報告   
 

                                                         当番幹事 水 野 紀 一
  7月14日()、福岡ワンツー会夏季例会を天神・御膳屋にて開催しました。
 下記の通り久しぶりに10名の参加者で会は大いに盛り上がりました。(敬称略)


   姥哲郎、佐藤光昭、杉本善昭、辻健児、中村勝年、福本正人、 船津紘一、渡晋康、木下幸則、水野紀一


  渡晋康さんは長い間大病を患っておられましたが、今回体調が少しずつ良くなったと言うことで佐賀からバスで参加され、
         楽しく歓談されていました。
  船津紘一さんは熊本からの参加で1年以上前の地震の復興の遅れを嘆いていました。

  また、皆で母校の夏の野球大会の敗北の悔しさを噛みしめました。

  辻幹事長より次回秋季例会(10月12日)について、例会の前に我々の喜寿のお祝いを櫛田神社にて行うので、
 多くの参加をお願いしたいとの申し出がありました。


杉本  木下

中村    船津

渡    佐藤

水野   姥

福本    辻
  美味しい料理とお酒で会は大いに盛り上がり、次回の再会を楽しみに8時に散会しました。

 小倉ワンツー会7月例会の報告         

                                                                              三村守親
 先日の朝倉地域を中心とした福岡南部の豪雨は予想以上の被害となりました。
 その後北九州も大雨があり一時は板櫃川や紫川上流が氾濫寸前までになりましたが被害もなくすんでいます。
 今日は朝から30℃を超える暑さとなり、梅雨が
明けたようなお天気です。
 今週末は小倉祇園太鼓祭りがあり街も活気づいてきています。

  7月の小倉ワンツー会の例会は「独楽蔵」(魚町2丁目)で開催しました。
 昔、「金榮堂書店」のあった所に隣接した居酒屋に今月も22名の参加があり、楽しいひと時を持ちました。
 数年来、古希を過ぎて又出席数も増えています。 一方で皆で飲み干す酒量は減少傾向のようですが。

  席上、夏の高校野球の話も盛り上がり予定の2時間もあっという間に過ぎました。
 中村勝年常任幹事から宮崎俊彦君の絵画「春の丘」が小倉高校の新校舎の応接室に飾られたとの披露がありました。
 余談ですが私も彼の描いた絵を二点持ち病院の廊下に展示してますが患者さんの評判は上々です。
 その他伊藤博之君が10月の音楽会でチェロ演奏するそうです。
 それぞれ趣味を楽しんでいる人もおり又紹介していきましょう。
 
甲子園夏大会、福岡予選                      
 
 7月9日 小倉高vs北九州市立高 試合観戦記   桃園球場                            岩松斉

  7回表、得点は 5:1 で小倉リード、2アウト満塁、バッター8番白川、篠崎中出身。カウント3ボールノーストライク。
 4球目ストライクを見送る。(写真1)
 5球目、小柄なセンター164cm白川、内角球をコンパクトにフルスイング。球はセンター方向にまっすぐ伸びる!(写真2)
 市立高のセンター、背走に次ぐ背走。3塁ランナーに続き、2塁走者もホームへ。(写真3)
 3人の走者をホームで待たせ、白川智大(ともひろ)全力でベースを一周、満塁のランニングホームランを決めた!(写真4)




  エース中野は1回3回の得点打を放ち、打撃で貢献するも、制球定まらず、球数多く、5回で4:0になったところで、
 2年生の河浦にマウンドを譲った。
 しかし、河浦も力みが取れず、守備も足を引っ張り、失点をする。この後すぐ、前述の満塁打が生まれ勝負を決めたのだが、
 その裏また失点してしまう。 少し、心配を残した。



 結果は7回コールドゲームの勝利。(写真5)

  野球の応援をし出して、5〜6年になるが、初めてブラスバンドの応援を見た。
 なかなか素晴らしいが、打球対策はされているのだろうか?(写真6)
 さあ次は真颯館高校。7月13日筑豊緑地野球場14:30。応援に行こう。
 
 小倉ワンツー会6月度例会報告   
 
                                                    三村 守親
 
 
 新幹事での最初の小倉ワンツー会例会は6月12日(月)「湖月堂」で開催されました。
 21名の参加があり、久しぶりに岡野正敏君、井生定巳君も出席して楽しいひと時を過ごしました。
 詳しい参加者名は写真に掲載しました。

  年々、年齢が進むにつれて小倉ワンツー会が大切なものに思えてきて、
 その幹事を引き受けたことで、小野二六一君と共に身の引き締まる思いです。
 この一年間よろしくご協力をお願いいたします。

堀淵  津田

井生 中村 藤永

岡野 吉里 神谷

原   奥

古本  井生

三村  小野

瀬口  熊野

渡邊  槙原

米谷  白石

木下  米谷
                                                        (写真撮影:古本清志
 2017 関東明陵同窓会総会の報告    
 
                                                                  案野剛輔
  関東明陵同窓会総会は、例年よりかなり早い5月28日に、昨年と同じ半蔵門のホテルで開催された。
 総会の前の講演会は 「私の履歴書と健康のススメ」 と題して髙久 史麿氏が1時間話された。

 健康の話はかなり速足で総花的であったが、それなりの示唆は受け取れた。

  部屋を換えて総会と懇親会。
 黙とうに続いて田中会長の挨拶、議事進行の末、滞りなく閉会、懇親会へと進む。
 来賓として新任の竹下校長といつもの宮本会長が小倉高校の現状などを紹介した。
 福岡、小倉に次いで3回目であるため、 大半の情報はすでに承知であった。

田中会長

竹下校長

宮本会長
 乾杯を経て本格的に懇親会に突入。12期の参加は8名であったため、11期の先輩と同一テーブルとなった。
 今年の当番の55期の音楽家によるアトラクションが目新しい企画であった。 

アトラクション

幹事引継ぎ

今回幹事
 明陵同窓会総会・懇親会報告   
 
                                                                 中村勝年
  日  時 : 平成29年5月21日(日) 15:00~17:30

  場  所 : 母校体育館
  参加者 : 宮本会長、竹下校長、北九州市副市長他、約700名 (12期27名)
  式次第 : 別紙の通り、当番幹事55期生により、滞りなく進められた。
  
   役員等の挨拶の中で特筆すべきは、
    ①新校舎が完成し倉校カラーの紫紺のイメージが表現されていること(別途写真参照)
    ②今春の新入生は、320名中、女子生徒が過半数を占め、倉高史上初の事態が起こったこと。

  議案審議 : 前年度決算、来年度予算、事業報告等が議案通り承認された。
  懇親会 : 総会終了後、例年通り鏡割りからスタート。ワンツー会喜寿祝賀会も兼ねて行われた。
        諏訪まりか さんのピアノ演奏等を楽しみ、抽選会では渡邊君が音楽イベントの招待券をゲット。
  校歌・応援歌斉唱、万歳三唱し、閉会。
さらに詳しい
   写真の数々
 我がワンツー会会員は喜寿祝賀の余韻を惜しみながら、来年の再会を約し、解散した。
                                              写真撮影 古本、西脇        以上
 ワンツー会喜寿祝賀会(神事・懇親会)報告   
 
                                                                  中村勝年

  日 時 : 平成29年5月21日(日)14:00 ~14:25    喜寿御祓い神事
  場 所 : 愛宕神社
  参加者 : 別添名簿の通り、小倉ワンツー会21名、東京ワンツー会2名、関西ワンツー会4名、合計27名

  愛宕神社を管理する地元町内会のご協力を得て、同神社の本社である到津八幡神社神主による神事が、
 遠隔地からの仲間を迎え、厳粛かつ盛大に行われました。

  思い出多い母校裏山に鎮座する古色豊かな愛宕神社で、感激に浸る一生に一度の記念のひと時でした。
 御祈祷・御祓いの後、神社から御神酒を戴き、御神饌のお米入りの小袋が全員に配られました。
  同日15:00 ~17:30 母校体育館に場を移し、

懇親会と合同

 同窓会総会懇親会と合同で御神酒を頂きながら、
 大いに語り合いお互いの健康を祝いました。
                                     写真撮影:古本、西脇
                                                    以上
 小倉ワンツー会5月度例会報告           
 
                                                      幹事 藤永勝彦  吉里二成 

  小倉ワンツー会5月の例会を12日(金)、「炉端のくろ兵衛.」(魚町1)で開催しました。
 今回も21名の多数の参加で、盛会裏に終えました。
 又今月は、喜寿の祝い行事として5月21日(日)、母校そばの愛宕神社で、ご祈祷をしてもらう計画をしています。
 関西、関東からの同期生を迎え30名弱の予定です。

三 村

小 野


  平成28年度小倉ワンツー会の活動は、5月の行事を以って最後となります。
 幹事として何かと不行き届きではありましたが、諸姉兄のご協力を得、
 なんとか役目を、果たし終えることができました。
 来年度(6月1日~)は、三村守親、小野二六一、両君が、
 年度幹事を務めることになり、 引き継ぎをいたしました。
 本年同様、皆さんのご協力をお願いします。
 1年間、ご協力有難うございました。

 参加者:奥 共栄、小川吉啓、小野二六一、神谷信彦、木下幸則、熊野誠是、古本清志、米谷元則、白石 稔、瀬口泰郎、
     津田正彦、利島康司、中村勝年、入学征一、原  晃、  藤永勝彦、堀淵毅良、槇原  敏、三村守親、吉里二成
     渡邊洋史、21名
                                                              撮影 古本清志
 
     2017 1.2.3.4.  
 2016 1.2.3.4. 5.6.7. 8.~12.  2015 1.~6. 7.8.9. 10.11.12.          
 2014 1.2.  3.4.5  6.~11. 12.    2013 1.2.3.4.5. 6.7.8.9.  10.11.12.           
 2012 1.2..3.4. 5.6.7. 8.~11. 12 2011 1. 2.3.4. 4.5. 6.7. 8.9. 10.11.12.

**このページ【活動報告】の先頭へもどる。