小倉高等学校  明陵同窓会  第12期  ワンツー会

活動 報告




 小倉高校全景

【 トップページに戻る 】
 第104回明陵同窓会総会報告        
 
                                                                 中村勝年
  日  時 : 平成30年5月20日(日) 15:00~

  場  所 : 小倉高校体育館
  出席者 :  宮本会長以下約500名
        (12期 16名 ・・・ 関西から松尾、吉村、安永、福岡から杉本、女性 3名他)
  式次第 :  別紙参照

  当番幹事56期生、女性副幹事長の開会の辞により開始した。

 宮本会長挨拶 : 今年小倉高校は創立110周年を迎えた。

宮本会長挨拶

           文武両道、質実剛健の基本精神は立派に引き継がれている。
           会員もそれぞれの分野において大いに活躍中である。
           特に今回の春の叙勲で、5期鎌田先輩が旭日大綬章、
           12期利島先輩が旭日中授章の栄に浴された。
           また、61期中村太地君がヨハネス・ブラームス国際コンクールに於いて
           日本人ヴァイオニストとして初優勝、
           36期川原君率いるロシナンテスの活動等が
           小倉高校の伝統、精神を進化させている。

早野校長挨拶

 早野祐子校長挨拶 : 今春の人事異動で筑紫丘高校より校長として本校に転任した。
              建学の理念は脈々として受け継がれ、本年3月の進路実績は
              東大に3名、京大に4名、阪大に9名、
              九大に53名、医学部医学科26名の合格を果たした。
              先般の野球部の不祥事についてはご心配をおかけし、遺憾である。
 北橋市長来賓祝辞 : 卒業生の各方面での活躍ぶりが顕著である。
              特に文化連盟会長である井生定巳さんも本校の卒業生であり、
              文化面で北九州市の政策推進に協力頂いている。
 議案審議 : 宮本会長、山中幹事長の下で、平成29年度決算書、平成30年度予算書(案)、が審議され、
        原案通り承認された。
 総会終了後、懇親会に入り、例年通り鏡割り、アトラクション、抽選会等を経て校歌・応援歌斉唱、万歳三唱で解散した。

懇親会風景

校旗入場

校歌斉唱
                                                                      以上
 利島康司君叙勲祝賀会(ワンツー会5月例会)報告   

                                                               中村勝年

  この度、春の叙勲で「旭日中授章」の栄に浴された利島康司君の祝賀会が、
 5月12日(土)18:30~20:30 小倉飯店において、今年度最後の小倉ワンツー会5月例会と共に行なわれました。

  急遽決まった祝賀会でしたが、2009年11月の叙勲褒章で藍綬褒章を受けられた岡野君、
 福岡ワンツー会杉本名誉幹事、関西ワンツー会川畑君他、女子会員7名を含む総勢32名が出席、
 12期幹事主導で三村、小野両年度幹事と共に盛大に行ないました。

  最初に、小倉ワンツー会としてご同慶の至りであり、お祝の花束を女性幹事を代表して石川さんから贈呈し、
 利島君から返礼のご挨拶、授与式の様子が紹介されました。
 利島君は5月10日、東京のホテルにおける経産省主催の授与式に出席され、天皇陛下に拝謁、勲章を授与されました。
 その際、800名を超える受章者を代表して名誉あるお礼の言上をされました。
 授与式は長時間に亘り、またこのお礼の言上については、伝統的な文言や作法が厳しく、
 写真撮影も禁じられたとのことです。

  受章後、勲章は会社の都合により東京本社に置いてこられたとのことで、今回は写真のみを閲覧しましたが、
 別の機会に実物がご披露されることを期待したいと思います。

祝賀挨拶

花束贈呈

授与式の報告

言上文言

お礼言上次第
  続いて井生君の音頭で利島君の益々のご活躍を祈念し乾杯を行ない、歓談に入りました。
 いつもと少し違い勲章談義が多かったようです。
  終りに、今年1年間お世話を頂いた年度幹事小野君の発声で万歳三唱を行ない、
 次年度幹事渡邊君、小林君の紹介、挨拶があり、全員の集合写真撮影後、解散しました。

万歳三唱

引継ぎ挨拶

新幹事挨拶

全員集合
名前付き

写真撮影 中村 古本
                                                      
 2018 1.2.3.4.    2017 1.2.3.4.  5.6.7. 8.9.10. 11.12.
 2016 1.2.3.4. 5.6.7. 8.~12.  2015 1.~6. 7.8.9. 10.11.12.        
 2014 1.2.  3.4.5  6.~11. 12.  2013 1.2.3.4.5. 6.7.8.9.  10.11.12.        
 2012 1.2..3.4. 5.6.7. 8.~11. 12 2011 1. 2.3.4. 4.5. 6.7. 8.9. 10.11.12.

**このページ【活動報告】の先頭へもどる。