小倉高等学校明陵同窓会第12期ワンツー会

 文化教養系報告





 風師山

トップページに戻る
 江熊君今年も太平洋展に出品      
 
                                                                 豊島雅弥

  太平洋美術会会員江熊君が六本木の国立新美術館で開催中の太平洋展に


 「壊れ行く武蔵野」「奥多摩の遺産」の2作を出品しました。
 尚、作品「壊れ行く武蔵野」は8月からの全国巡回展作品に選ばれたとの事です。

 枯れた田舎の情景を優しい軟らかいタッチで表して個人的な感想ですが
 大分枯れて、ややくたびれた私の気持とも重なりました。

  他の展示された作品も楽しんだあと南青山の「ウスケボー」で 昔懐かしい話で盛り上がり、
 老いを忘れて愉快な一時を過ごしました。


太平洋展2018

出田 江熊 木田 豊島 岩岡 内田
5月17日  ウスケボー にて

 江熊君の他、内田、岩岡、出田、木田の諸君でした。                                 草々

 巨大客船の海峡通過      
 
                                                               岩松 斉
  11万トンの
ダイヤモンド・プリンセス号が5月1日朝の5時半に関門海峡を通過すると、
 海上交通センターの情報に出ていた。  和布刈展望台へ出かけて行った。
 巨大客船を至近距離で独り占め! 豪華気分に浸りました。

               ---- 追加コメント ----         2018.05.04

  私のフェイス・ブックへの写真投稿が案野奉行様の目に留まって、ワンツー会HPにアップされた次第です。
 ちょっとコメントさせてください。
  私、漁師の家系のものですから海が好きで8年前北九州に里帰りした際、関門海峡が見渡せるマンションを
 終のすみかにしました。ところが、この数年のマンション乱立で視界を完全に奪われてしまいました。

  関門海峡は古くは、遣唐使船、北前船、長州藩を攻撃した四ヶ国艦隊などが通過したわけで、
 想像を膨らませて眺めているととても楽しい海峡です。
 潮の流れが速く浅い(14m)ので航路の浚渫はしょっちゅうやっているようです。
 潜水艦は最浮上の状態で航行しますし、330mもある鉄鉱石運搬船は喫水が22mもあるので、
 大分の製鉄所に大半の鉱石を下ろし、船腹を真っ赤に見せてから新日鉄戸畑港に入港します。


2010年5月
洗濯物と巨大船

2010年5月
上海万博に参加するため曳航される遣唐使船

2014年12月
潜水艦

2016年
我が家の海側に
建ち始めたマンション
          SHINWA・MARU  船長 327m船幅55m喫水22m積載30万トン。生活感と非日常が同居していました。

  関門海峡海上交通センターを検索すると一週間先までの大型船の通過状況がわかります。
 そんなわけで、面白い情報を得ると、見えるところに出かけるわけです。
 今回のダイヤモンド・プリンセス号は関門海峡を通過できる最大級の客船ですね。
 去年クイーン・エリザベスⅡが通りました。
 最近の巨大クルーズ船は70m以上の船高があり関門海峡や瀬戸内海の橋に引っかかるようですね。
 福岡港は橋がないので超巨大クルーズ船が寄港しているようです。
 春分の日   
                案野剛輔

  本日は春分の日で一般には休日であるが、後期高齢にはいつもの一日である。

 それはともかく、春分であるから昼と夜の時間が等しいはず。
 
  3月21日の  横浜の 日の出 5:44 日の入り 17:54
            明石の 日の出 6:03 日の入り 18:12    で昼が10分程度長い。

 それでは正確に12時間ずつの日はいつか、調べると、

  3月17日の  横浜の 日の出 5:50 日の入り 17:50
           明石の 日の出 6:08 日の入り 18:08   で少し早く半々の日が到来する。

  原因はいつもの通り地軸の傾きで、日の出は真東からではなく、日没も真西ではない。
 では、真西に沈む日はいつか、さらに調べると、

 3月19日の  横浜の日の出方向 90.3度 日の入り方向 270度   とわかった。
 半々の日と2日のズレがある。その理由は地球が真球でないとしか思いつかない。

 零式艦上戦闘機 ゼロ戦     
 
                                            武田 信之
 
 太平洋戦争初期、優れた航空性能と空中戦闘能力で米英軍を圧倒し、
 「ゼロファイター」と呼ばれて恐れられたゼロ戦。
 正式には零式艦上戦闘機、速力553km/h、20mm機関砲2門を装備していた。

 
 名前から分かるように航空母艦用に開発され、真珠湾攻撃に参戦。
 その後ラバウル島にも配備されてガダルカナルの戦いなど南太平洋の戦闘にも参加した。

 米英軍がゼロ戦に対抗する新鋭機を開発、熟練したパイロットが次々と戦死して優位性を失い、やがて敗戦。


  終戦後ゼロ戦は米軍に接収され、全て破壊されて残っていない。
 靖国神社の資料館「遊就館」に復原機が展示されていると知って早速見に行った。

 館内に入るとロビー正面にゼロ戦が置かれていた。全長9m、全幅(翼長)12m、意外と小さいが、
 スマートでいかにも軽快に空中を飛びまわれそうである。


左後方から見たゼロ戦

左前方から見たゼロ戦

主翼と前輪

前方から見たゼロ戦

後方から見たゼロ戦

  戦後日本は小型、軽量で高性能の工業製品を生み出し、電気製品、自動車など世界に供給してきた。
 その基盤は既に戦前に培われていたようだ。ロビーまでは無料。
 有料の展示室にはゼロ戦の改良機「紫電改」、人間魚雷「回天」など戦前の兵器が展示されている。
 その前で高齢の男性たちが静かに、昔の思い出を語り合っているのが目に付いた。

 

 落語会 柳亭燕路 関東明陵同窓会                                 2018.02.17
 
                                                                案野剛輔
  立春も過ぎて、多少寒さが和らいだ16日、新橋亭にて恒例の落語会が開催された。
 予めの予想で参加者は25名くらいとされていたが、実際は40名を越える盛況でうれしい誤算となった。

  定刻より始まった落語会は、燕路師匠の挨拶と長いつかみから入っていった。
 小倉高校での落語披露では、生徒の反応が大変良かったとか、校舎が素晴らしくなったとか、
 制服がアルマーニでなかったとか時事の話題を含めて面白く語られた。
 もう一つは昨年に引き続き弟子の 柳亭こみち の真打昇進の話で、
 披露の席に落語界のリジェンドが揃ったとの下りは驚きであった。

  本題に入り、一話目は「火焔太鼓」。古道具屋が仕入れたボロ太鼓を
               武家が大枚で買い上げてくれる話。
          二話目は「鹿政談」。奈良の鹿をめぐる正直豆腐屋と人情奉行、町役人のやり取りの話。
              この話に入る前振りで大仏の情景が出てくるが、噺家によってくすぐりが異なるのが面白い。

   案野  長崎 





石松   
                 
             ★参考画像   古今亭志ん朝の「火焔太鼓」

                        桂米朝の    「鹿政談」
   2017   1.~12.
 2016 1.2.3.4.5.  6.~12.  2015 1.2.3.4.5.6. 7.8.9.10.11.12..
 2014 1.2.3.4.5.  6.7.8.9.10.11.12   2013 1.2.3.4.5.6. 7.8.9.10.11.12
 2012 1.2.3.4.5.6.  7.8.9.10  11.12  2011 1.2.3.4. 5.6.7.  8.9.10.11.12.
 
**このページ【文化教養系】の先頭へもどる。